駐日デンマーク王国大使館との覚書締結について

~未来志向の持続可能な都市づくりの進展に向けて~

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 村林 聡、以下、MURC)と駐日デンマーク王国大使館(所在地:東京都渋谷区 駐日デンマーク王国特命全権大使 ピーター・タクソ-イェンセン)は、未来志向の持続可能な都市づくりを進展させるため、両者の知見の共有を進めるべく覚書を締結しましたのでお知らせいたします。
1.趣旨・背景
世界的に都市化が進展している現在、環境に配慮した形でデジタル技術を活用したスマートシティの展開が求められています。MURCはBusiness Finlandとの覚書を締結するなど、グローバルネットワークを通じデジタルガバメント、スマートシティにおけるシンクタンクとしての知見を有しています。デンマーク王国は欧州におけるデジタル&スマートシティ先進国であり、2020年6月に発表された欧州DESI(デジタル経済と社会指数)において第3位となっています<注1>。またSDGs達成度ランキングでは第2位であり<注2>、2050年に脱炭素の国家を目指すなど環境と調和した国家づくりに長けています。MURCとデンマーク王国は、持続可能な開発目標(SDGs)、気候変動、カーボンニュートラル、循環型経済、スマートシティの都市計画や持続可能性などの分野でベストプラクティスとノウハウを共有し、情報発信、政策提言などにおいて協力して取り組んでまいります。
 

(写真左)駐日デンマーク王国 特命全権大使 ピーター・タクソ-イェンセン氏 (写真右)三菱UFJリサーチ&コンサルティング 代表取締役社長 村林 聡(写真左)駐日デンマーク王国 特命全権大使 ピーター・タクソ-イェンセン氏 (写真右)三菱UFJリサーチ&コンサルティング 代表取締役社長 村林 聡


<注1>:European Commission,“The Digital Economy and Society Index (DESI) 2020,” https://ec.europa.eu/digital-single-market/en/desi (2020年7月7日確認)
<注2>:The Sustainable Development Solutions Network (SDSN) and the Bertelsmann Stiftung, Sustainable Development Report 2020, https://sdgindex.org/ (2020年7月7日確認))


2.各組織の概要
■駐日デンマーク王国大使館
大使館業務の主な目的は、日本でデンマークの価値を創造すること、そして日本とデンマークの良好な関係を強化することです。日本へ輸出を希望するデンマーク企業をサポートし、デンマークへの投資に関心をもつ日本企業へプロモーションを実施することで、両国の貿易関係を促進しています。また多岐にわたる広報外交活動により、デンマークに関する一般的な知識を高める努力をしています。
ホームページ: https://japan.um.dk/ja/

 


■三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。東京・名古屋・大阪を拠点に、民間企業向け各種コンサルティング、国や地方自治体の政策に関する調査研究・提言、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査研究・提言など、幅広い事業を展開しています。
ホームページ: https://www.murc.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/digitalsociety1.murc
Twitterアカウント: @murc_digital



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 >
  3. 駐日デンマーク王国大使館との覚書締結について