大阪バイオメディカル専門学校、新型コロナ感染拡大で不足する医療用ガウン130着等の医療物資を大阪府を通じて寄付

新型コロナウイルス感染症が国内全体で猛威を振るい、感染者数の増加と共に医療機関での物資不足が大きな問題となってきております。このような状況を踏まえ、大阪バイオメディカル専門学校(学校法人佐藤学園)では、学生の実習用として保有しております医療用ガウン等の医療物資を、大阪府を通して医療機関に寄付することといたしました。
【寄付品】
・医療用ガウン 約130着
・医療用ヘアキャップ 約100枚
・医療用シューズカバー 約100足

健康・医療分野での活躍を目指す学生たちを育てる学校として、微力ではございますが、医療現場で活躍される医療従事者の皆様のお役にたてればと思っています。
未曽有の感染症拡大が一刻も収束し、健康でおだやかな日々が取り戻されますよう、心よりお祈り申し上げます。

<ご参照>大阪府:医療用マスク等の医療用物資寄付のお願い
http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/corona_donation.html
【窓口】健康医療部 保健医療室 医療対策課 コロナ マスク防護服受付

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 佐藤学園 >
  3. 大阪バイオメディカル専門学校、新型コロナ感染拡大で不足する医療用ガウン130着等の医療物資を大阪府を通じて寄付