7月31日は火星が地球に大接近!8月13日にはペルセウス座流星群が極大に!今年の夏は、天体観測もアツい日々が続きます <Qoo10、夏休みの自由研究にも便利な「天体観測関連グッズ特集」>

お得で楽しいインターネット総合ショッピングモール「Qoo10」(本社所在地:東京都港区)では、7月27日(金)から、「天体観測関連グッズ特集」として、夏休みの自由研究などにも便利な望遠鏡や双眼鏡、カメラを紹介しています。
連日猛暑日が続く日本列島。この夏は天体観測でもアツい日々が続きそうです。

まずやってくるのは7月31日の火星大接近。今回は、15年ぶりとなる6000万キロより近い距離での接近で、その後も9月上旬ごろまで観察しやすい時期が続くそうです。 また、8月中旬には流星を観察するチャンスがやってきます。夏の風物詩として知られるペルセウス座流星群は、12日の夜から13日の朝にかけて、最も多くの流星が出現すると予想されており、学校や仕事の休みを取る方も多くなるこの時期は、ご家族やお友達と、天体観測に挑戦してみてはいかがでしょうか。

<2018年夏の天体ショー>
■火星大接近 7月31日(火)
最接近の日の火星は、やぎ座に位置しています。東京では19時前に南東の空から昇り、真夜中頃に真南の空に見えます。


■ペルセウス座流星群が極大(見頃は13日未明)
ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群で、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれています。
・観察に適した日:日本では8月12日から13日にかけての夜が最も見頃だと考えられます。
・観察に適した時間帯:なるべく、夜半から未明までの間に観察するのがよいでしょう。
・観察のポイント:今年は、8月11日が新月で、月明かりの影響はありません。夜空が十分に暗い場所で観察すれば、最も多いときには、1時間当たり40個程度の流星を見ることができると考えられます。


※国立天文台ホームページより


お得で楽しいインターネット総合ショッピングモール「Qoo10」(本社所在地:東京都港区)では、7月27日(金)から、「天体観測関連グッズ特集」として、夏休みの自由研究などにも便利な望遠鏡や双眼鏡、カメラを紹介しています。
「望遠鏡は、三脚を立てて観察するタイプや手に持つ対空双眼鏡タイプ等、初めての方にも使いやすいものから本格的なものまで様々な種類があります。お気に入りを手に入れて、この夏の思い出に、100年に一度の宇宙を思いっきり堪能してみては、いかがでしょうか」
(Qoo10デジタルカテゴリー 責任者 丸山)

特集ページURL:https://special.qoo10.jp/DynamicAD/1326/

「Qoo10」は、今後も季節にあわせた魅力ある商品を取り揃え、お客様が欲しい商品が、より手軽に楽しくショッピングできるよう取り組んで参ります。

■インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」 URL:http://www.qoo10.jp
「Qoo10」は、安心・安全な環境で、だれでも手軽に商品が売買できる、日本国内のオンラインマーケットプレイスです。ファッション・ビューティ・スポーツ・デジタル・モバイル・ホームリビング・生活・食品・ベビー・エンタメ・ブック・eチケットなど、あらゆるジャンルの商品1,200万点以上が出品されています。
「Qoo10」は、利用する時間・場所を選ばず、手軽にショッピングが楽しめるツールとして、ショッピングアプリ「Qoo10」(URL:https://bit.ly/2O98aV9)を、ご提供しています。


※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日時点の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

■お客様からのお問い合わせ先
Qoo10 サポートセンター(受付:平日 9時-18時、土・日・祝日休み)
TEL 050-5840-9100
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. eBay Japan合同会社 >
  3. 7月31日は火星が地球に大接近!8月13日にはペルセウス座流星群が極大に!今年の夏は、天体観測もアツい日々が続きます <Qoo10、夏休みの自由研究にも便利な「天体観測関連グッズ特集」>