エヌエヌ生命、新CM『突然の事業承継』篇 テレビとYouTubeで放映開始

思いがけず事業承継を経験した実際の中小企業経営者を起用

中小企業向け事業保険に特化するエヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:フランク・エイシンク、本社:東京都千代田区、以下「エヌエヌ生命」)は、思いがけず事業承継を経験した、実際の中小企業経営者を起用した新CM「突然の事業承継」篇のテレビ放映およびYouTube広告を9月27日(金)より開始します。また、15秒版、30秒版のCMに加え、ストーリーをより深く理解いただける約1分半のWeb動画を当社ウェブサイト内の特設サイトにて公開します。

 

エヌエヌ生命は生命保険を活用した事業継続の支援や、先代経営者の突然の逝去などで十分な準備がないまま家業・事業を承継せざるを得なくなった家族従業者や中小企業の従業員支援に力を入れています。今般のCMは、主に現役の中小企業の経営者と万が一の時に事業を承継することになる家族や従業員を対象に、万が一に慌てないための備えの重要性と心構えの啓発を目的として制作しました。CMでは思いがけず事業承継を経験した2名の中小企業経営者が出演し、当時の心境や、万が一への備えの重要性を語っています。「突然の事業承継」経験者として、有限会社古田商会(岐阜県岐阜市) 代表取締役 古田千賀子氏と株式会社三光ダイカスト工業所(静岡県三島市) 代表取締役 三宅ゆかり氏の2名が出演しています。また、ナレーションには実力派若手女優 木竜麻生さんを起用しています。

エヌエヌ生命は2019年10月、テレビCMに出演する2名の事業承継経験者も登壇する啓発イベント「突然、社長になりました ~ 事業承継経験者に聞く、承継の心構え ~」*を札幌・静岡で開催します。「中小企業サポーター」エヌエヌ生命は、これからも日本の中小企業の未来を支える後継者や経営者を支援していきます。
*「突然、社長になりました ~ 事業承継経験者に聞く、承継の心構え ~」
https://www.totsuzenshokei.com/

■放送予定
地上波放送(全国):9月27日から10月24日まで
※「三光ダイカスト工業所」篇は10月1日以降の放送を予定

有限会社古田商会 代表取締役 古田千賀子氏有限会社古田商会 代表取締役 古田千賀子氏

株式会社三光ダイカスト工業所 代表取締役 三宅 ゆかり氏株式会社三光ダイカスト工業所 代表取締役 三宅 ゆかり氏


■特設サイト
https://www.nnlife.co.jp/totsuzen (9/27公開予定)

■木竜 麻生さんプロフィール
1994年7月1日生まれ、新潟県出身。
14歳の時に原宿でスカウトされ、大学進学を機に上京。本格的に芸能活動を始める。
映画デビューは2014年の大森立嗣監督『まほろ駅前狂騒曲』。2018年公開映画、瀬々敬久監督「菊とギロチン」では300人の中から花菊役に選ばれ映画初主演を飾る。
また同年に公開された「鈴木家の嘘」でもオーディションを兼ねたワークショップで400人の中から選ばれ、ヒロイン鈴木富美役を務めた。
この2つの作品の演技が評価され毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞やキネマ旬報ベスト・テン新人女優賞など数々の新人賞を受賞する。またテレビ大阪の真夜中ドラマ「まどろみバーメイド」では連続ドラマ初主演を飾るなど映画、ドラマと活躍。他の出演作品としては映画「東京喰種【S】」や大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」がある。
また秋には福原充則脚本、演出の舞台「忘れてもらえないの歌」ではヒロインを務める。

木竜麻生さん木竜麻生さん

 


エヌエヌ生命は、オランダにルーツを持ち、170年におよぶ伝統を誇るNNグループの一員です。NNグループは、欧州および日本を主な拠点とし、18ヵ国にわたり、保険および資産運用事業を展開しています。その名は、源流である「ナショナーレ・ネーデルランデン」に由来しています。エヌエヌ生命は、1986年に日本で初めてのヨーロッパ生まれの生命保険会社として営業を開始して以来、30年以上にわたり、中小企業とその経営者が財務や財産の面で安定した将来を確保できるよう支援しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エヌエヌ生命保険株式会社 >
  3. エヌエヌ生命、新CM『突然の事業承継』篇 テレビとYouTubeで放映開始