北イタリア発 大人のためのノートブランド「カステリミラノ」が日本初上陸


 

ダイヤモンド株式会社(大阪市中央区)は、イタリアのノートブランド「カステリミラノ」の日本総代理店としてこの夏から販売を開始しました。


カステリミラノ(CASTELLI MILANO)は、年間1億冊以上の手帳を生産しているイタリアの文具メーカー・ブースト社が2018年に立ち上げたノートブランドです。ブーストの本社があるベルガモは、北イタリアのロンバルディア地方、ミラノ近郊に位置する美しい都市で、中世の面影が随所に残っています。カステリミラノは、この地に古くから伝わる手工芸の伝統と、現代的なセンスが融合して生まれました。

カステリミラノのノートの特徴は、何よりもそのデザインの豊富さにあります。


箔押しが豪華な「コッパー&ゴールド」

小口(側面)にもカラフルなプリントを施した「エデン」

和のテイストを取り入れた「シボリ」

シンプルでカラーバリエーション豊富な「アクア」。
色違いのゴムバンドがアクセント。

表紙のデザインは、全49種類。

 

中紙は横罫と5mm方眼の2タイプ。最初にインデックス(目次)があり、各ページにはあらかじめ番号が印刷されているので、記録の管理に役立ちます。流行のバレットジャーナルを始めてみたい、という方にもおすすめです。
 

 

 

【商品情報】
ミディアムサイズ 13x21cm 240ページ 2,300円+税
ポケットサイズ 9x14cm 192ページ 1,650円+税
ペンループ付(一部の製品を除く)
イタリア製


ダイヤモンド カステリミラノHP
https://diamond.gr.jp/brand/castelli-milano/

 

 

 

〈ブランドの歴史〉

手帳好きなら、「レディバーグ」や「アルティ・グラフィケ・ジョンソン」という名前を耳にしたことがあるかもしれない。両社とも、1960年代半ばに北イタリアのミラノから数キロ離れたベルガモで、小さな工房として始まった。そして品質へのこだわりと新しいアイデアにより、イタリアのみならず国際市場でも急成長し、当時は互いにライバル同士だった。どちらもOEMを得意とし、数々の有名企業とのコラボ商品を手がけた実績がある。とくにレディバーグは、世界20ヵ国で「カステリ」というブランドを展開するまでになった。

しかし近年、イタリアを襲った経済危機や価格競争の激化によって、両社は財政的に厳しい状況に陥った。そんな2社の危機を救ったのが、とある地元の企業家が設立した新興企業のブースト社だ。ブーストは2017年にジョンソンを、次いで2018年にレディバーグを吸収合併し、両社の技術とノウハウを引き継いで、ヨーロッパ最大のノートメーカーとなった。そして同年、オリジナルブランド「カステリミラノ」を立ち上げた。

カステリミラノの製品は、すべてイタリアでデザイン・製造されている。イタリア製にこだわる理由は二つ。ひとつは、歴史あるベルガモの文化と産業を守ること。もうひとつは、生産地を1箇所にすることによって、高いクオリティを維持できることだ。

レディバーグの遺伝子を受け継ぐ証しとして、カステリミラノのノートの最終ページには、“Printed by Lediberg”と記されている(2019年7月現在)。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイヤモンド株式会社 >
  3. 北イタリア発 大人のためのノートブランド「カステリミラノ」が日本初上陸