銀行公式アプリ 『Wallet+』 が開始から2周年で50万ダウンロードを達成

数字で振り返る Wallet+ の2年間

 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(取締役社長 柴戸 隆成)傘下のiBankマーケティング株式会社(代表取締役社長 永吉 健一)は、2016年7月にサービス提供を開始したスマートフォン専用アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」が50万ダウンロードを達成し、2018年7月22日にサービス開始から2周年を迎えたことをご報告致します。


 この度サービス開始2周年を記念して、「数字で振り返るWallet+の2年間」(*インフォグラフィック)を公開

いたしました。今回のインフォグラフィックでは、Wallet+に関する各種データをはじめ、事前にWallet+ご利用の方を対象に実施したアンケート結果(回答者数:約18,000名)を一挙公開。アンケートからは、多くの利用者の方から「お金が身近なものになった」、「収支が確認できるから出費を見直すようになった」など、お金に対する意識・行動に変化が表れていることが確認されました。
 Wallet+では、「金融」 と「非金融」が “つながる” マネーサービスの提供を通じて、ご利用の皆さまの夢の実現をサポートしてまいります。今後とも Wallet+ をよろしくお願い致します。
 (* インフォグラフィックとは、データや情報などをわかりやすく視覚的に表現したものです。)

インフォグラフィック特設ページはこちら
http://www.ibank.co.jp/2nd


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ >
  3. 銀行公式アプリ 『Wallet+』 が開始から2周年で50万ダウンロードを達成