東京医療保健大学が、リクルート進学総研実施の「進学ブランド力調査2019」「看護・医療・保健・衛生」分野関東エリアで、初のトップ10入り

 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:木村哲、以下本学)は、リクルート進学総研が実施した「進学ブランド調査2019」の「分野志願度ランキング」、「看護・医療・保健・衛生」分野・関東エリアで、初めてトップ10入りを果たしました。

 今回発表された「進学ブランド力調査2019」は、リクルート進学総研(※¹)が、高校生の大学選びの動向を明らかにするため、2008年から毎年実施している調査です。2020年3月卒業予定の高校3年生の計118,128名を対象に、各大学の志願度、知名度、イメージなどのアンケートを実施し、集計しています。本学は、「分野別志願度ランキング(※²)」の「看護・医療・保健・衛生」分野・関東エリア部門において、10位に選ばれました(※³)。
 本学は、「いのち」「思いやり」「絆」「愛」を尊重する心を持った医療人の育成を掲げ、2005年に開学し、
15年目を迎えました。NTT東日本関東病院をはじめ、国立病院機構などの医療機関との連携を活かし、現場に即した実習を行うことで、実践的な教育を行うことを重視しています。また、看護学科・医療栄養学科・医療情報学科などの幅広い医療ジャンルの学科を取り揃えていることも特徴の1つです。
(※1) 株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営
(※2) 「進学希望分野」と「志願したい大学」をクロス分析
(※3)「分野別志願度ランキング」は今回より集計

■東京医療保健大学 2018年度の取り組み・実績
①看護師養成課程を有する日本最大規模の4年制大学にまで成長
本学・看護学科の2018年度入学者数は、看護師養成課程における最多の547名です。
その結果、看護師養成課程を有する4年制大学の中で日本最大規模の大学となりました。

②千葉看護学部、和歌山看護学部の設立
医療保健学部、東が丘・立川看護学部に加え、船橋キャンパスに千葉看護学部、雄湊キャンパスに和歌山看護学部を設立しました。
特に、和歌山看護学部は、県内の急速な少子高齢化に伴う医療ニーズの高まりと、地元への大学進学、
卒業後の就職ができる「地学地就」の実現の両方に貢献し、地元の需要に応えています。
※東が丘・立川看護学部は改組転換を図り、2020年に「東が丘看護学部」「立川看護学部」になります。

③全学部・全学科において就職率100%を達成
2019年3月、全学部・全学科において就職率100%を達成しました。本学は、幅広い医療分野へ多数の人材を輩出し、医療人材の育成に貢献しています。また、看護師国家試験においても、高い合格率を誇っています。

本学は今後も、建学の精神である「科学技術に基づく正確な医療保健の学問的教育・研究」を行い、その成果を人類の健康と幸福のために提供できる、「寛容と温かみのある人間性と生命に対する畏敬の念を尊重する精神を持った医療人の育成を目指してまいります。

 

【東京医療保健大学とは】
理事長   :田村哲夫
学長    :木村哲
設立年度  :2005年
本部    :東京都品川区東五反田
キャンパス :五反田キャンパス、世田谷キャンパス、国立病院機構キャンパス、
       国立病院機構立川キャンパス、船橋キャンパス、雄湊キャンパス、
       日赤和歌山医療センターキャンパス(予定)
学部(学科) :医療保健学部(看護学科、医療栄養学科、医療情報学科)、
       東が丘・立川看護学部(看護学科)、千葉看護学部(看護学科)、
       和歌山看護学部 (看護学科)
専攻科   :助産学専攻科
大学院   :医療保健学研究科(修士課程8領域、博士課程3領域)、
       看護学研究科(修士課程4コース、博士課程)
学生数   :2,539 名 (2019年5月現在)

 








 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人青葉学園 >
  3. 東京医療保健大学が、リクルート進学総研実施の「進学ブランド力調査2019」「看護・医療・保健・衛生」分野関東エリアで、初のトップ10入り