株式会社クラウドシエンが坂出市と連携。「ローカルハブ」で坂出市の地域力を底上げする実証実験を開始。

坂出市のニーズを、3W(わかりやすい・ワンストップ・ワクワク)でキャッチする、実証実験を開始しました。

自治体と民間企業をつなぐプラットフォーム「ローカルハブ」を提供する株式会社クラウドシエン(本社:広島県広島市、代表取締役:神原 翔吾)は、2022年05月29日(日)より、香川県坂出市(市長:有福 哲二)と、「ローカルハブ」(事業開発者:佐々木大地)を活用した官民連携推進事業の実証実験を開始したことをお知らせいたします。
ローカルハブHP:https://localhub.jp/

■ 実証実験に至った背景
日本では、様々な地域課題があります。昨今では、地域課題も複雑化しており、官民連携(PPP)の推進は必要不可欠となりました。坂出市も官民連携を推進する自治体です。

坂出市は,かつては「塩のまち」「塩の積み出し港」として栄え,戦後の高度経済成長時代には、塩田跡地を活用した港湾開発や番の州地区の埋め立て等により,全国有数の「港湾工業都市」へと変貌を遂げました。その後の瀬戸大橋開通や四国横断自動車道の整備などにより,現在では,乗降客数が四国でトップクラスのJR坂出駅、四国の重要な物流拠点である坂出港や高速道路のインターチェンジを複数擁するなど、「働くまち」として、また「交通結節拠点」としてその存在価値を高めてきました。しかしながら、経済の構造変化や景気低迷により企業の規模縮小や撤退が相次ぎ、また、少子高齢化も相まって人口減少が進み、地域活力が失われつつある状況です。

坂出市の持つ強みを生かしつつ、基本構想に掲げた「働きたい 住みたい 子育てしたい 共働のまち さかいで」の実現に向けて、行政のみの取り組みだけではなく、民間企業との連携が必要不可欠です。そこで今回、「ローカルハブ」を活用し、全国の官民連携に関心の高い事業者と坂出市を繋ぎ、より一層効果的に取り組みを進める為に、官民連携推進事業の実証実験を行う運びとなりました。


■ 実証実験の概要
坂出市とクラウドシエンとの実証実験では、「ローカルハブ」を活用し、
 

  1. 行政にない自由な発想、ノウハウ、技術等を活用した事業の提案を受け付ける「民間提案受付窓口」

の公募をいたします。なお、実証実験中の公募案件については、今後追加となる可能性がございます。

1.「民間提案受付窓口」に関して

・市民サービスの向上・行政運営における業務の効率化
・コスト削減につながる具体的な提案
・負担分野 / 手続き
・市における公共サービス等に対して、行政にない自由な発想 / ノウハウ / 技術等を活用した事業の提案

を広く受け付ける窓口です。

■ ローカルハブとは

  • 実証実験
  • サウンディング
  • 民間提案制度
  • 地域活性化起業人
  • ショートリスト/ロングリスト
  • 事業建て付け前/計画策定前 etc.

など行政とお仕事するにあたって利用価値が高い情報を、わかりやすくキャッチし、行政とコミュニケーションが取れるプラットフォームです。

■ 香川県坂出市概要
自治体名:坂出市
所在地:香川県坂出市室町二丁目3番5号
市長:有福 哲二(ありふくてつじ)
URL:https://www.city.sakaide.lg.jp
担当課:政策課公民連携・DX推進室
担当者名:玉井・小笠原
連絡先:0877-44-5080

■ クラウドシエン会社概要
社名:株式会社クラウドシエン
代表取締役:神原 翔吾(かんばらしょうご)
所在地:(本社)広島県広島市中区宝町8-26 3F
会社設立:2018年5月29日
事業内容:クラウドシエンの企画・開発・運営
企業HP:https://crowdsien.co.jp/

■ 本プレスリリースに関する問い合わせ
<行政機関の方はこちら>
担当者名:佐々木
ご連絡先:sasaki.d@crowdsien.com

<民間企業、金融機関等の方はこちら>
担当者名:福島
ご連絡先:fukushima@crowdsien.com

■ プレスキット
https://crowdsien.com/?page_id=320
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Crowdsien inc. >
  3. 株式会社クラウドシエンが坂出市と連携。「ローカルハブ」で坂出市の地域力を底上げする実証実験を開始。