バルス運営、オンライン配信・物販プラットフォーム『SPWN portal』事業4月20日〜5月31日の累計で流通金額1億円を突破しました

リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するXR Tech(エックスアールテック)カンパニーであるバルス株式会社(東京都千代田区/代表:林範和)は、当社が運営するオンライン配信・物販プラットフォームサービス『SPWN portal』事業の4月20日から5月31日までの累計で100本以上のイベント実施と流通金額が1億円を突破しました。
 

 


■ID認証から、決済、配信、会場チケット販売、物販がワンストップで提供可能
新型コロナウイルス感染拡大の影響でビジネス系、エンタメ系イベントのオンライン配信ニーズの高まりを受け、これまで2017年より自社主催イベント用のシステムとして運用していたサービスを2020年4月20日より外部の方にもご利用いただけるようサービス提供を開始し、アーティストの有料配信、音楽会場向けにもサービス、ビジネスセミナーなどを拡充してまいりました。

サービス概要:https://live.balus.co

■実施イベント事例
音楽ライブ、演劇、大衆演劇、朗読劇、ファンクラブミーティング、ビジネスセミナー等多数のイベントを4月20日のサービス開始後5月末までの期間で100件以上実施いたしました。

①うち劇:https://uchigeki.spwn.jp
BS-TBSとクリエイティブボードが主催する演劇配信で、複数の役者がそれぞれ離れた場所にて演技を行い、配信上で1つに融合させる新しい演劇の形です。
1公演で複数の映像配信を同時に実施することで、個別の役者ごとに楽屋トークを開催することができ、リアルの演劇では実施できない、個別の双方向の楽屋挨拶を楽しむことが出来ます。
※同一場所より配信する場合もあります

②Platto:https://platto.spwn.jp
アニメ、ゲームなどのサブカルチャーに特化した配信プラットフォームを運営しています。オリジナル原作を用意し、朗読劇やファンイベントなどを行っております。配信に限定グッズ付のチケット販売を実施しています。

③ボイメン☆ドライブ:https://fent.spwn.jp
「BOYS AND MEN」、「祭nine.」が所属するフォーチュンエンターテイメントの配信イベント用のプラットフォームです。メンバー1人1人の個別配信を毎日実施したり、オムニバスドラマの配信などを実施しています。

※xR TECHとは※
AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)、SR(代替現実)などをはじめとする先端技術の総称を指す

■バルス株式会社について
リアルとバーチャルの融合による新しいエンタテインメント体験を目指すxRTechカンパニーです。
AR/VR技術を使い誰でも何処からでも世界中に向けてライブを開催・参加できるライブプラットフォーム「SPWN」を運営しています。チケットや物販、ライブの配信などのアーティストとファンとの接点をワンストップで提供しています。
バーチャルキャラクターの裾野を広げるキャラクター制御技術を開発しています。

■会社概要
バルス株式会社
本社:東京都千代田区外神田五丁目2番2号 セイキ第1ビル6階
創業:2018年
代表取締役:林範和
事業内容:XRコンテンツの企画・制作及び運営、ファン向けのポータルサイト構築サービスの企画・開発及び運営
URL:https://balus.co
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バルス株式会社 >
  3. バルス運営、オンライン配信・物販プラットフォーム『SPWN portal』事業4月20日〜5月31日の累計で流通金額1億円を突破しました