ノーコード(NoCode)のスキルシェアプラットフォーム『NOCODO(ノコド)』α版Ver.2リリースについて

〜ノーコードの様々な発展可能性、多様な市場との掛け算を起こしていくプラットフォームを目指します。〜

NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)事業を展開する株式会社プレスマンは、ノーコードスキルシェアプラットフォーム『NOCODO(ノコド) 』α版Ver.2のリリースを、2021年5月17日(月)に行います。

  • 概要
2021年2月下旬より先行登録を開始していた、ノーコードのスキルシェアプラットフォーム『NOCODO(ノコド)』のα版Ver.2を、2021年5月17日(月)にリリースいたします。
(NOCODOトップページ:https://nocodo.net/

先行登録段階で、ユーザ登録が約600名、ノーコードスキルを販売するショップ登録が約50ショップ、ノーコードに関する商品登録が約40商品集まってきております。

今後、ノーコード市場の需給を加速させ、非プログラミング人材を含めた新たなIT人材として「ノーコード人材」のチャンスを広げ、IT人材不足の社会課題に対して貢献していきます。

 
  • ノーコード(NoCode)市場の可能性
NoCode(ノーコード)とは、プログラミング/コードを書かずにアプリやサービスを作れる概念のことをいいます。近年ではHP制作などに限らず、EC制作やアプリ制作もノーコードで可能になってきています。

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、「2024年までに従業員1,000人以上の企業において、従業員の30%がローコード/ノーコードプラットフォームを活用してアプリケーションの開発や業務の自動化を担うようになる」と予測※しています。
※参考:https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ47589821

背景としては、ノーコードでEC制作が可能な "Shopify" が米国のECシェアで“巨人”アマゾンに続く2位(4分の1)の規模となったり、コードレスのクラウドデータベースと言われる "Airtable" がシリーズEで約290億円調達、評価額は約6300億円になるなど、次々とノーコード開発環境が成長し、充実しているといった背景があります。

以下の添付のイメージの通り、もはや、ノーコードは多方面のIT開発・創造に可能性を広げています。
 

 
  • NOCODO(ノコド)に集まるノーコード人材
上記のような背景もあり、日本でも昨年からNoCode(ノーコード)を駆使した人材が注目され始め、本サービス『NOCODO(ノコド)』の先行登録にも、多数のノーコード人材が集まってきております。

例:NOCODO(ノコド)に集まる商品の属性例


NOCODOに集まるノーコードスキル商品の主なカテゴリとしては、
現状は「相談系」「講座・研修系」などを中心に集まってきています。

商品カテゴリ 相談系 / 講座・研修系 / 教育・教材系 / 
記事・ノウハウ系 / マーケティング系 / etc


なお、以下のようなノーコードツールに関連する商品が集まってきています。

種類 関連ノーコードツール
ノーコード × EC作成系 Shopify / BASE、etc
ノーコード × アプリ作成系 Bubble / Adalo / Glide、etc
ノーコード × サイト/LP/
ドキュメント作成系
WordPress / Webflow / Wix / STUDIO / Notion、etc
ノーコード × 業務効率化/
自動化関連/データベース系
Integromat / Zapier / Airtable、etc
ノーコード × デザイン作成系 Canva / Figma、etc
その他 3Dゲームをノーコードで作成できる「Roblox」、など

 

今後、『NOCODO(ノコド)』は、ノーコードのマーケット成長とともに、ノーコードに関係する人材や、スキルシェア商品が多数集まるプラットフォームに成長することを目指して、ノーコード人材とともに多様な市場を共同開拓していける存在になれるよう努めていきます。
 

(TOPページのイメージ:スキルシェア商品が並ぶ「NoCode Shop」)

(NOCODOトップページ:https://nocodo.net/

 

 
  • 需要サイドからのマッチング機能の検討など(実験から開始)
NOCODO(ノコド)では、今後、ノーコード人材によるスキルシェア(スキルの商品化)だけでなく、ノーコードに関する需要側からマッチング依頼・募集(ノーコード周辺人材の採用募集、案件の依頼募集、etc)ができる環境を整えていきます。

第一弾の実験(マッチングβ)として、「大規模ノーコードECソリューション案件の事業拡大に伴い、パートナー人材を募集」※を開始いたします。

※当社(株式会社プレスマン)では、「ノーコードEC×SNSマーケ×BI×デザイン、etc」のノーコードスキル人材が複数在籍しており、現在、大規模・中規模のクライアントから、大規模なECソリューション案件の依頼をいただいております。今後の事業拡大に伴い、NOCODO(ノコド)の「マッチングβ」の実験も兼ねて、パートナー人材を募集したいと思います。

詳細/応募はこちら:https://nocodo.net/matching/matching-2688/

(TOPページのイメージ:ノーコードに関する募集・依頼の実験中「マッチングβ」)

 


なお、NOCODOの「マッチングβ(実験中)」を通じて、ノーコードに関する人材の採用募集、案件の依頼募集などの掲示をご希望の場合は、NOCODO問合せフォーム(以下リンク先)からご相談いただけたらと思います。

当面はマッチングβとして個別に対応をご相談させていただければと考えております。

NOCODO問合せフォーム:https://nocodo.net/contact/
 
  • その他、ノーコードに関連する新市場の開拓など
NOCODO(ノコド)は、上述の通り、今後のノーコードの様々な発展可能性、多様な市場との掛け算を起こしていくプラットフォームを目指します。

そのため、ノーコードによるECやアプリ制作に限らず、「3D × ノーコード」の可能性等も視野に入れています。

特に、「Roblox(ロブロックス)」は、アメリカの小中学生(16歳以下)の半分以上がユーザとなるUGCプラットフォーム(ユーザがコンテンツを生成し、ユーザにも収益が還元される)であり、ノーコードでもある程度3Dのゲーム制作が可能となっており、着目しています。

早速、NOCODO(ノコド)のスキル商品でも「Roblox」に関する講座商品を出品いただいており、今後日本でもRobloxを通じた「3D × ノーコード」を広げていきたいと考えています。

Robloxに関する講座商品:https://nocodo.net/product/p00002211/


また、6月には、Roblox(ロブロックス)に関するイベント企画も行う予定です。
NOCODO(ノコド)のイベントページから、ご参加の申し込みをいただくことができます。
 


Robloxに関するイベントページ:https://nocodo.net/event/event-2352/

NOCODO(ノコド)のコンセプトに共感いただいた企業様からのお問い合わせなどもお待ちしております。

--------------------------
NOCODOお問合せ:
contact@nocodo.net
もしくは、問合せフォーム(https://nocodo.net/contact/
高橋 翔、梅木 政寛
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プレスマン >
  3. ノーコード(NoCode)のスキルシェアプラットフォーム『NOCODO(ノコド)』α版Ver.2リリースについて