新型コロナウイルス抗体検査キット(1980円~)、PCR検査、抗原検査の違いをコロナウイルス総合情報サイト大手のCORONAVIが解説します。

タケショウ株式会社は新型コロナウイルス総合サイトのCORONAVIとコラボをし、コロナウイルスの検査についての情報提供を開始しました。詳しくはこちらをどうぞ http://coronavi19.jp/

タケショウ株式会社はCORONAVI(コロナビ)とのコラボレーションで新型コロナウイルスについて幅広い情報を皆様にご提供いたします。CORONAVIは当社が販売する抗体検査キットの検査結果と個人の情報を結び付け、会員様のステータス情報を登録できるほか、飲食店などとコラボを行い、従業員にコロナウイルスの検査を行っている安全な飲食店当をご紹介していくサービスを提供していく予定です。

◆国内の1000を超える医療機関に10万 キット納入の実績
◆世界120ヵ国で数億テストの販売実績
◆多数の臨床実験の結果、98%の高精度高精度で陽性/陰性を判定できます。
(IgM感度94.29% IgM特異度98.06% IgG感度98.04% IgG特異度100%)
◆世界各国で認証取得済
◆だれでも簡単に10分で検査可能
◆IgM+IgGの複合検査で、陰性・感染早期・中期・後期を判断。
(更に詳しくは http://coronavi19.jp/ ページ内の1.1.4、抗体検査の測定結果の解釈)
◆高精度で医療機関でのPCR検査結果との高い符合率を有します。
(更に詳しくは http://coronavi19.jp/ ページ内の1.2.4、抗体検査とPCR検査の併用測定結果の解釈)
 
新型コロナウイルス感染症世界的流行する最中、Shandong ThinkLab Biotechnology Co., Ltd., (上場企業・コード300244)は、新型コロナウイルス感染症IgM/IgG抗体検査キット(金コロイド法)の開発に成功しました。この新型コロナウイルス2019-nCoV IgM/IgG抗体検査キット(金コロイド法)は欧州連合のCE認証を取得しました。また、中国商務部の海外標準認証も得られ、医療物資生産企業リストにも登録されました。
人間が最初に新型コロナウイルスに感染すると、免疫系がウイルスを防御し、特異的な抗体が作られます。IgM抗体は通常3~7日目で生成され、数日後にIgG抗体が出現して上昇します。IgM抗体の持続期間は比較的短く、主に急性感染期にみられますが、 IgG抗体は一般に過去の感染を示唆し、IgG抗体価の上昇が進行性であれば最近に感染したことが考えられます。このキットはIgM + IgGの複合検査により、早期、中期、後期の各期をカバーでき、各期の感染者を正確に発見できます。本商品は以下の特徴を有します。
 
1. 血液使用量が少なく、20μLの検体のみです(血清、血漿、または末梢血も可)
2. 取扱が簡単で、妊娠検査薬や血糖試験紙に似ていて、いつでもモニターできます。
3. 検査時間が短く、全過程は10分以内で、結果を出せます。
4. IgMとIgGの両方を測定することで、陰性か早期感染か感染後期かを判断できます。
5. 結果は正確で、多くの医療機関でのPCR検査の結果との高い符合率を有します。
 
※本検査キットはCE認証を取得しており、欧米では医療機関等で体外診断用医薬品として使用されていますが、日本国内においては診断目的でのご使用はしないでください。現在当社は本抗体検査キットの日本国内での体外診断用医薬品の許認可取得準備を行っております。


価格:
1キット(1キット製品のみ採血針付)    3,636円(税別)+ 送料
10キット  29,800円(税別)+ 送料   1キットあたり2,980円
50キット  124,000円(税別)+ 送料 1キットあたり2,480円
100キット  228,000円(税別)+ 送料 1キットあたり2,280円
200キット  396,000円(税別)+ 送料 1キットあたり1,980円

■製品のご注文
ご注文:http://ec.takesho.shop/
CORONAVI: http://coronavi19.jp/
ご質問:info@takesho.shop
  1. プレスリリース >
  2. タケショウ株式会社 >
  3. 新型コロナウイルス抗体検査キット(1980円~)、PCR検査、抗原検査の違いをコロナウイルス総合情報サイト大手のCORONAVIが解説します。