『日米がん撲滅サミット2020』日米でがん予防分野を開拓へ!

 2020年11月15日(日)午後1時より東京ビッグサイト会議棟7F国際会議場で開催される『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)。

シカゴ大学プレシジョン医療研究センターセンター長・教授 マーク・J・ラテイン氏シカゴ大学プレシジョン医療研究センターセンター長・教授 マーク・J・ラテイン氏


 このたびシカゴ大学プレシジョン医療研究センターセンター長、教授のマーク・J・ラテイン氏より来場者に向けてメッセージが届いた。

 マーク・J・ラテイン教授は治験のガイドライン設計やプレシジョン医療の国際的リーダーで、現在は少量抗がん剤がいかに効果をもたらすかについて研究を進めており、プレシジョン医療の一角を担うべきものだと米国政府にも働きかけている。


 そのラテイン教授は今大会に向けたメッセージのなかで「日米両国にはこれまでがん撲滅のために協力してきた長い歴史があります。とりわけ私は国際研究機関を通じて、またシカゴ大学の同僚として著名ながん研究者であり、遺伝学者の中村祐輔博士と(がん撲滅に向けて)協力できることを光栄に思います」と述べており、シカゴ大学名誉教授の中村祐輔氏に対して最大限の敬意を払っている。

中村祐輔氏中村祐輔氏


 そして今回のメッセージのなかで特に同氏は「日米で連携しながらプレシジョン医療とがん予防に貢献する治療法開発ネットワーク構築の推進が重要」と述べているのだ。
 
 これは昨年『がん撲滅サミット』の代表顧問で提唱者の中見利男氏がサンフランシスコで開かれた『2019World Alliance Forum in San Francisco』において2025年をがん予防薬開発元年にしようという呼びかけに対して、ラテイン教授が同意。いよいよ日米でプレシジョン医療やがん予防分野に連携しながら乗り出そうと応じたものである。

 今後はラテイン教授や中村祐輔氏、坂口志文氏など日米の人材が情報交流を重ねたのち、がん予防分野のプラットフォームを形成する予定だ。

 このようにプレシジョン医療とがん予防薬の開発という新しい流れが『日米がん撲滅サミット2020』をきっかけにしてさらに強力に推進されることをぜひ期待したい。

大会長 原 丈人 氏大会長 原 丈人 氏


 マーク・J・ラテイン教授のメッセージは当日会場で配布する大会パンフレットに掲載されるほか、開会式でもリアルタイムにシカゴからスピーチをする予定ということだ。

 皆さんも、ぜひ世界でも超一流の研究者の意見や考え方、最新の研究に触れてみてはいかがだろうか。

 入場エントリーは大会HP(https://cancer-zero.com)より受け付けている。入場エントリーの受付は10月30日(金)午後6時まで。入場無料。一度に4名様までの登録が可能。応募多数の場合は抽選となる。

東京ビッグサイト東京ビッグサイト


『日米がん撲滅サミット2020』のお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けており、電話でのお問い合わせは一切お断りしている。
 
  1. プレスリリース >
  2. 日米がん撲滅サミット2020実行委員会 >
  3. 『日米がん撲滅サミット2020』日米でがん予防分野を開拓へ!