Harmony OS:コネクトはシンプルな暮らしを実現させる(Connecting to A Simpler Life)

ファーウェイの王成录(ワン・チェンルー)が、TED x Hou Haiイベント「Driven by Pressure(プレッシャーに負けない)」で基調講演を行いました

[深セン・中国 2021年4月7日] ファーウェイ コンシューマーBGソフトウェアエンジニアリング部長兼AI・オールシナリオインテリジェンス事業部長の王成录(ワン・チェンルー)博士は、Driven by PressureをテーマとしてのTED x HouHaiのイベントにおいて、「コネクトはシンプルな暮らしを実現させる」というタイトルの講演を行いました。この講演の中で、ワン氏は、スマートフォン中心のモバイルインターネット業界は過渡期に入ったと指摘。また、IoTの急速な発展により、業界変革の歴史的機会がもたらされる仕組みについても語りました。さらに、有望な新しいエコシステムを構築し、業界の川上と川下が協力して新しいエコロジーを繁栄させ、モバイルインターネットの新時代を共に迎えようと呼びかけています。


テクノロジーは人生を変え、夢を育みます

「テクノロジーには世界を変える力があります。小さい頃、私の夢は家で映画を見ることでしたが、今ではどこでもそれが可能になりました。モバイルインターネットの急速な発展は、キャッシュレス決済、オンラインショッピング、ネット配車サービスを生み、そのすべてが私たちの生活を大きく変えてきました。」と王氏は言います。

「ただ、携帯電話を中心としたモバイルインターネット業界が圧力を受けていることは明らかです。」王氏は続けます。「2018年には、世界のスマートフォン出荷台数が減少し始めており、2020年には前年比で約6%減少しています。また、消費者が1日に携帯電話に費やす時間は、2018年以降は平均して4~5時間の間にとどまっています。これは、業界が重大な局面に直面しており、変革を迫られていることを示唆しています。」

「次の時代の開発機会はどうなりますか?当社の技術革新の追求が終わることはありません。インテリジェントデバイスを所有するユーザーが増えている中で、人間が相互交流できるのと同じように、これらのデバイスが単独で動作するのではなく、より効率的に相互に連携できるようにしたいと考えています。目標はすべてがつながったインテリジェントな世界を実現させ、複数のインテリジェントデバイスを「1つの」スマートアシスタントになることです。


「たとえば、スマートウォッチがユーザーが眠りに落ちたことを検知すると、室内の照明が自動的に消灯し、エアコンが自動的に温度を調整して快適な睡眠環境を作り出します。これは、自宅に専属のお手伝いさんがいるようなものです。運動やトレーニングをするとき、ウェアラブルデバイスは複数のスポーツ端末と相互に接続され、ユーザーに科学的な運動アドバイスや包括的なデータ分析をリアルタイムで提供することでパーソナルコーチとなります。"

「しかし、異なるデバイスが異なるOSシステムを搭載するため、インテリジェンスどころか、コネクトすら困難です。すべてがつながったインテリジェントを実現するには、デバイスが1つの共通言語で接続する必要があります。

Harmony OSなら、デバイスが1つの言語で接続することが可能です。

次世代OSであるHarmony OSでは、さまざまなインテリジェントデバイスを1つの言語で接続でき、共同作業も可能にします。Harmony OSは、多くのデバイスの相互接続による共同作業を可能にするとともに、すべてのデバイスにわたってシームレスでユーザーフレンドリーなユーザー体験を提供します。
 


そして、Harmony OSは、ハードウェアメーカーのインテリジェントなアップグレードをサポートし、携帯電話以外のインテリジェントデバイスへのトラフィックを引き付けます。これらのアクションにより、産業界のインテリジェント変革やデジタル変革が推進されます。 

王博士は、今年、ファーウェイが3億台のデバイスでHarmony OSを稼働させることを目標としており、業界パートナーと提携してHarmony OSに関する確固たるエコシステムを構築することを期待していると述べています。これにより、より多くの人々が技術を通じて自分の夢を実現させ、消費者により簡単でより良い生活をもたらすことができるようになります。
 
  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン >
  3. Harmony OS:コネクトはシンプルな暮らしを実現させる(Connecting to A Simpler Life)