【エステー】オフィシャルサイト「くらしにプラス」にて公開 夏こそお米をおいしく食べよう!夏バテ対抗レシピから基本の炊き方、虫を防ぐ保存方法まで

エステー株式会社は、オフィシャルサイト内「くらしにプラス」にて、「夏こそお米をおいしく食べよう!~夏バテ対抗レシピから基本の炊き方、虫を防ぐ保存方法まで~」を公開しました。
いよいよ気温が上がり始め、夏バテも気になる季節。あまり食欲がないときこそ、栄養満点の“ごはん”がおすすめです。身近だけれど意外と知らないお米について、お米マイスターの澁谷梨絵さんに伺いました。夏こそうれしいお米の力や、おいしく食べるコツ、暑さで発生しやすくなる虫を防ぐ保存法も紹介します。

夏こそお米をおいしく食べよう!~夏バテ対抗レシピから基本の炊き方、虫を防ぐ保存方法まで~
http://www.st-c.co.jp/plus/season/2015_07/

※取材協力:5ツ星お米マイスター 澁谷梨絵氏
■“バランスよく栄養が摂れるお米は、夏バテの救世主

 

お米はさまざまな栄養分がバランスよく含まれており、腹持ちがいいのが特徴。小麦を使った麺類やパンよりも消化・吸収がゆるやかなので、摂取したエネルギーが持続します。また、噛むことで生まれた糖分はスムーズに脳へ回るため、頭を働かせなければならない朝の食事にも最適です。少量でもパワーが付くごはんこそ、夏バテで食欲がわかないときにぴったりの食材といえるでしょう。


 

 

■夏バテ防止におすすめのご飯レシピ

●鮭ときゅうりのおにぎらず
近ごろ話題の「おにぎらず」。夏には、お酢とゴマで味付けしたごはんに、ななめに薄切りしたキュウリと鮭のほぐし身を加えた、澁谷さんオリジナルのおにぎらずなどいかがでしょうか? さっぱりした口当たりで、あまり食欲がなくても手が伸びるはず。お酢の殺菌効果でごはんが劣化しにくいため、お弁当にも安心です。

 


■お米の保存と虫を防ぐコツ

 

お米は表面で呼吸をしているので、精米から日が経つにつれ、劣化していきます。おいしさを維持する保存のコツは、高温多湿を避けて酸化を防ぐこと。密閉容器に入れて、冷暗所で保管しましょう。夏は鮮度が落ちやすいので、精米後1ヶ月以内を目安に食べきるのがおすすめです。
また、夏の保存で注意したいのが、なんといっても虫の発生です。虫は、保存方法が悪ければ発生する可能性があります。15℃~34℃がお米の虫が活動しやすい温度なので、気温が上がる春から夏はお米の防虫対策が必須なのです。詳しい保存方法を紹介しています。

■保存に便利なお米の虫よけ「米唐番」

 

天然唐辛子パウダーと酒精が高い防虫効果を発揮し、お米を虫から守ります。米びつや米袋に入れておくだけで、約4~8カ月効果が持続します。においが付くこともなく、お米がおいしくいただけます。

 

■さらに詳しい内容は、こちらをご覧ください。
夏こそお米をおいしく食べよう!~夏バテ対抗レシピから基本の炊き方、虫を防ぐ保存方法まで~
http://www.st-c.co.jp/plus/season/2015_07/

 

 

エステーホームページ 
<くらしにプラス> http://www.st-c.co.jp/plus/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エステー株式会社 >
  3. 【エステー】オフィシャルサイト「くらしにプラス」にて公開 夏こそお米をおいしく食べよう!夏バテ対抗レシピから基本の炊き方、虫を防ぐ保存方法まで