人工芝×ドライミストでお台場「デックス東京ビーチ」に新たな憩いの場を創出。「シーサイド広場」 2018年9月22日(土)開設

東京都の「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」に認定

​東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈郁仁)および、東急不動産SCマネジメント株式会社(本社:東京都港区、社長:粟辻󠄀稔泰)は、運営管理する東京・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」(所在:東京港区台場1-6-1)に、新たな来館者の憩いの場として「シーサイド広場」を、2018年9月22日(土)より開設します。

「シーサイド広場」は、お台場海浜公園に面した3F シーサイドデッキに開設します。人工芝を敷き詰めた約160㎡の広場では、気温が高い日にはドライミストが発生し、来街者に憩いのひと時を提供します。今後、同広場では音楽ライブやパフォーマンスなどのイベントの開催も予定しています。

なお、同広場の開設は東京都の「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業(※)」の平成30年度対象事業に認定されており、競技会場も近く、訪日外国人旅行者も多く訪れるお台場エリアの暑さ対策として設置するものです。
<「シーサイド広場」概要>
 ・名称: シーサイド広場
 ・開設日: 2018年9月22日(土)
 ・開放時間: 24時間
 ・設置場所: デックス東京ビーチ 3F シーサイドデッキ
 ・設置面積: 約160㎡(人工芝面積:約120㎡)


※東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業
東京では、猛暑日や熱帯夜が増加するなど夏の暑さが課題となっており、また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催といった観点からも、暑さ対策を進めていくことが求められています。
そこで東京都では、競技会場周辺で、かつ、観光客等が多く集まる注目度が高い地域において、人の感じる暑さを緩和するクールエリアを創出する事業を推進しています。

<施設概要>
施設名称:デックス東京ビーチ (デックストウキョウビーチ)
所在地:〒135-0091東京都港区台場1-6-1
店舗数:92店舗(2018年9月20日現在)
営業時間:
【路面店舗】レストラン、カフェ、物販、サービス、その他ショップ
・各店により異なる
【3F~5F】レストラン、カフェ、物販、東京トリックアート迷宮館
・11:00~21:00
【3F】東京ジョイポリス
・10:00~22:00 (最終入場21:15)
【3F】マダム・タッソー東京(入口)
・平日 11:00~20:00 (最終入場19:00)
・土日祝 10:00~20:00 (最終入場19:00)
【3F】レゴランド・ディスカバリー・センター東京(入口)
・平日 11:00~20:00 (最終入場18:00)
・土日祝 10:00~21:00 (最終入場19:00)
【5F】レストラン
・11:00~23:00
【6F】レストラン
・11:00~24:00
施設代表TEL:03-3599-6500
公式HP:https://www.odaiba-decks.com/
アクセス:
【電車】・ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅から徒歩2分
・りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩5分
【車】 ・首都高速11号台場線「台場ランプ」から約3分
・首都高速湾岸線「有明/臨海副都心ランプ」から約4分

<MAP>

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急不動産SCマネジメント株式会社 >
  3. 人工芝×ドライミストでお台場「デックス東京ビーチ」に新たな憩いの場を創出。「シーサイド広場」 2018年9月22日(土)開設