高岡の文化財を写真家 中西学氏が魅せる写真展「躍動~Takaoka’s History and Culture~」開催

東京】令和2年2月13日(木)~26日(水) 【大阪】令和2年3月26日(木)~4月8日(水)

 このたび、富士フイルムイメージングプラザギャラリー(東京・大阪)において、四季の美しさに彩られた富山県高岡市の歴史・文化遺産を題材に、写真家 中西 学氏による写真展「躍動~Takaoka’s History and Culture~」を開催します。個展としての富士フイルム写真展、さらに東京・大阪と2拠点での開催は初であり、行政とコラボレーションした企画展としても初開催となります。
 また2月15日(土)には、東京にて中西学氏と高岡市長とのトークショーを開催します。
 中西氏によるGFX-100の1億200万画素で魅せる写真は、非日常的な空間を演出し、高岡市の文化財の新たな一面をお楽しみいただけます。


■中西学 写真展「躍動~Takaoka’s History and Culture~」開催概要

日時・場所:
【東京】令和2年2月13日(木)~2月26日(水) 11時~20時(但し土日祝日10時~19時)
    FUJIFILM Imaging Plaza ギャラリー
   (東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内MY PLAZA3階)

【大阪】令和2年3月26日(木)~4月8日(水) 10時~19時
    FUJIFILM Imaging Plaza ギャラリー
    (大阪府大阪市中央区難波2-2-3 御堂筋グランドビル2階)

※両会場ともに最終日16時まで 入場無料

●中西学氏と高岡市 髙橋正樹市長とのトークショー
日時 令和2年2月15日(土)14時~15時
場所 FUJIFILM Imaging Plaza ギャラリー
  (東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内MY PLAZA3階)

実施内容:
(1)富士フイルム株式会社の協賛により高岡市歴史文化推進協議会が主催。世界最高1億2百万画素の
   ラージフォーマットセンサーを搭載したカメラ「FUJIFILM GFX100」を使用し富士フィルム最高峰の
   プリントで出力した写真を展示予定。

(2)その他関連する取組み
   ドローン撮影を採用したPR動画公開(1~2分程度)(3月予定)


中西 学氏 プロフィール】
1976年岡山県生まれ 最終学歴:神戸電子専門学校CG/CAD科
風景写真を元々専門で撮影をし、近年はドローン写真家としても活動。2016年に行われた伊勢志摩
サミット開催時には、三重の空撮写真(ドローン)のみの写真展をソニーストア名古屋とイギリスの
日本大使館で開催。写真家目線での動画撮影、編集も数多く手がけている。
所属団体:公益社団法人日本写真家協会(JPS)、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富山県首都圏本部 >
  3. 高岡の文化財を写真家 中西学氏が魅せる写真展「躍動~Takaoka’s History and Culture~」開催