出会いはあるのに、恋人ができない人の特徴とは?恋活・婚活ビギナー向け「婚活カフェ」は「ほめる」が来店条件!

東京・銀座で「婚活カフェ-ロハス銀座」を運営するファインドザワン株式会社では、このほどお客様のご来店条件を変更。平日の15時~19時と、土日祝の12時~19時の時間帯に「お相手をほめること」を来店条件にし、「プレイズカフェ」(褒めカフェ)として恋活・婚活ビギナー向けにリニューアルしました。


出会いはあるのに、恋人ができない?!
その理由は「相手にダメ出しはするが、ほめない」


 当社では東京・銀座で婚活カフェ「ロハス銀座」を運営している他、長年に渡り、婚活パーティーなどのイベントを開催。恋活や婚活をする方々にリアルな出会いの場を数多く提供しており、お付き合いを始めたり、結婚してご報告に来るカップルもたくさんいます。
その一方で、何度もご来店、ご利用いただいているにも関わらず、長い期間お付き合いする人がいなかったり、お付き合いしても長続きしないという方も少なくありません。こうした「出会いがあってもお付き合いできない人」には、男女ともに次のような共通点があることがわかりました。
  • 自分のことばかり話して、相手のことを理解しようとしない。
  • 相手に対してダメ出しはするが、いいところを見ようとしない。
  • 相手のいいところを見つけても、素直にほめることができない。


出会いをお付き合いにつなげる、たったひとつのルール「ほめる」
相手の「いいね!」を見つけ、言葉に出して伝える婚活カフェ


そこで当社では、「婚活カフェ-ロハス銀座」に、たったひとつの新ルールを設定。このルールが適用される平日の15時~19時と、土日祝の12時~19時を「プレイズカフェ」(褒めカフェ)と名付けました。その新ルールとは、相手の「いいね!」と思うところを見つけて、口に出して直接ほめること。これだけです。
「プレイズ」は英語で「ほめる、称賛する」という意味があります。プレイズカフェでは、「相手をほめる」ということをあえてルール化しました。
普段の生活でも仕事でも、ダメ出しに慣れている人は、無意識に相手のマイナス面を見ています。プレイズカフェでは、その見方を変えて、相手のいいところを見つけて伝える術を身に付け、会話を広げて、お付き合いにつなげてもらおうというのがねらいです。

 


 背景に「コミュ障」の若者増加?
SNSなら「いいね!」押し、ほめるコメントできるが…。


当社の婚活カフェに来店するお客様は20~30代が中心。ツイッターやインスタグラムなどのSNSを使うことが当たり前の若者たちは、ネット上では簡単に、相手の投稿に「いいね!」を押しています。また、返信やコメントなどで「こんなところがいい!」と、相手をほめる言葉も書いています。
しかし、コミュニケーション障害、通称「コミュ障」という言葉をよく聞くように、リアルの場でのコミュニケーションが苦手な若者が増えています。緊張する、照れてしまうなどの理由で、相手に対して「○○がいいね!」と、直接ほめてあげることができない人も多いようです。
リアルな場で「相手をほめる」というルールを設けたプレイズカフェは、このような若者たちも、出会いを素敵な恋愛につなげられるものと考えております。
 

【企業情報】
名 称:恋活・婚活ビギナー向け「プレイズカフェ-ロハス銀座」
住 所:東京都中央区銀座6-4-12KNビル4階
電 話:03-6280-6637
営業時間: 平日 15時~19時、土日祝 12時~19時
料 金: 男性 2,500円、女性 無料
WEBサイト:www.xn--hckh0ko84qy5za.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファインドザワン株式会社 >
  3. 出会いはあるのに、恋人ができない人の特徴とは?恋活・婚活ビギナー向け「婚活カフェ」は「ほめる」が来店条件!