MOVO(ムーボ)を運営するHacobu、コーポレートサイトをフルリニューアル

株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役 佐々木太郎、以下「Hacobu」)は、コーポレートサイト(https://movo.co.jp/)をフルリニューアルし、2019年1月7日(月)に全ページを公開いたしました。

 

▲TOP画面▲TOP画面


 今回のリニューアルでは、各サービスの紹介ページや事業者毎のソリューション提案に加え、イベント&セミナーページや事例紹介など、すべての情報を1つのサイトに集約をするフルリニューアルを行ないました。
 
 デザイン面では、当社らしさを表現するカラー・イメージを追求し、ステークホルダーの皆様がMOVOの各種情報を探しやすく、理解しやすくなるよう改善を行いました。

 また、MOVOが2023年に目指す姿を表現したMOVOコンセプト動画をTOPページ(https://movo.co.jp/)に公開しました。是非ご覧くださいませ。

 今後もお客様にとってより使いやすいサイトになるよう、引き続き改善を行って参ります。
 
各サービスの紹介ページを新設

 製品案内ページに配送マッチング、動態管理、バース管理、トラック入場受付、ムーボ・スティック、ムーボ・アイの各サービスの紹介ページを新設しました。よりMOVOのサービスをわかりやすくお伝えするとともに、必要な情報をすぐにお探しいただけるようになりました。
 

▲バース管理ソリューション紹介ページ▲バース管理ソリューション紹介ページ


事業者毎に合わせたソリューション提案ページを新設

 事業者ごとに活用いただけるサービスをまとめたソリューション提案ページを作成しました。MOVOを活用したいけど、どのサービスが適切かわからないといった悩みを解決します。
 

▲運送事業社向けソリューション紹介ページ▲運送事業社向けソリューション紹介ページ


その他

 その他にも、MOVO ID※1をお持ちの各社様のロゴやMOVOを活用しデジタル化を進めているユーザー様インタビューを掲載した事例紹介(https://movo.co.jp/case_study)、イベント&セミナーページなどを新設しました。
※1 MOVOにログインするためのID。1つの共通MOVO IDですべてのサービスの利用が可能

今後の計画

 Hacobuは今後も引き続き、ユーザー様の声を聞きながら、スピード感を持って機能を強化してまいります。従業員一同、みなさまにご満足いただけるサービスを目指して努力してまいりますので、より一層のご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

MOVO(ムーボ)とは

 MOVOは、統合的な物流管理ソリューションとして、トラックが手配しにくい問題(求車)、トラックの位置情報を把握できない問題(運行管理)、そして待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題(バース管理)等を解決するための機能をクラウド型プラットフォーム上で提供しています。

 MOVOの名前の由来はmove(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

Hacobuについて

 Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Hacobu >
  3. MOVO(ムーボ)を運営するHacobu、コーポレートサイトをフルリニューアル