電子楽譜「GVIDO」が洗足学園音楽大学に導入

GVIDO MUSIC株式会社(東京都品川区 代表取締役:蓑田俊之)が販売する2画面電子ペーパー端末「GVIDO」はこのたび、洗足学園音楽大学(神奈川県川崎市)に20台導入されました。
洗足学園音楽大学は、創設者である前田若尾先生の「理想は高遠に、実行は卑近に」という建学の精神を受け継ぎ、専門分野の知識や技術のみの習得を目指すのではなく、音楽を通じて豊かな人間性を養うことを重視した教育を行っています。GVIDO端末は、主に同学の現代邦楽コースや音楽教育コースにて使用されており、既に学内だけでなく屋外での演奏やイベントなどでも積極的に活用されています。また今後はさらなる連携を予定しております。
GVIDO MUSICは、音楽界の未来を担う若手演奏家の育成に貢献し、音楽家の快適な演奏環境のサポートをいたします。


【洗足学園音楽大学について】 URL:https://www.senzoku.ac.jp/music/
クラシック音楽の基本と伝統を大切にしつつ、様々な音楽ジャンルや音楽周辺領域を広範に網羅している音楽大学です。現在は、ピアノ、弦楽器、管楽器、打楽器、声楽、作曲、音楽・音響デザイン、音楽環境創造、音楽教育、現代邦楽、電子オルガン、ミュージカル、声優アニメソング、ジャズ、ロック&ポップス、バレエ、ダンス、ワールドミュージックの18コースを設定し、大学院と併せて年間200公演以上のコンサートイベントを開催して学生の成果発表も積極的に展開し、活気あるキャンパスを展開しています。
代 表 者:学長 万代 晋也
所 在 地:〒213-8580神奈川県川崎市高津区久本2-3-1

【GVIDOについて】 URL:https://www.gvidomusic.com/ja/
GVIDO MUSICが提供する2画面電子ペーパー端末「GVIDO」は、軽くて頑丈な上、電子ペーパーなので目に優しく、紙と同じように使えるデバイスです。さらに、1万ページを超える書き込みノート機能やデバイス間のデータ共有機能、グループ対応ソリューションを備えており、単なる「電子化された紙」ではなく、革新的な「仕組み」を提供します。iF DESIGN AWARD 2019、Red Dot Design Award 2018、グッドデザイン賞2018を受賞


【GVIDO MUSICについて】
社 名:GVIDO MUSIC株式会社(寺田倉庫グループ)
事業内容:電子楽譜に関わる事業全般
代 表 者:代表取締役社長 蓑田 俊之
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GVIDO MUSIC 株式会社 >
  3. 電子楽譜「GVIDO」が洗足学園音楽大学に導入