日本初!訴求効果の高い感動を提供する「外貨ミニガイド」をポケットチェンジが制作し、グローバルWiFi空港カウンターにて配布

~世界初の未来型印刷工場!KONANDO Laboから誕生~

海外旅行で余った外貨を各国の電子マネーやギフト券に交換できる事業を展開する株式会社ポケットチェンジ(本社/東京都港区、青山新 以下ポケットチェンジ)は、海外用Wi-Fiルーターレンタルサービスを手掛ける株式会社ビジョン(本社/東京都新宿区、佐野健一 以下ビジョン)と、ビジョンが運営する空港カウンターにて、日本人旅行者向けに提供する「グローバルWiFi®」をご利用のお客様に、日本初となる訴求効果の高い「外貨ミニガイド」を4月8日(月)より配布いたします。
 「外貨ミニガイド」は、渡航前にはなかなか知る機会がない渡航先国の外貨コインに関する情報と本物の外貨コインがセットになったコイン型パンフレットです。
 「グローバルWiFi」をご利用される海外渡航者10,000名様に「外貨ミニガイド」を直接手渡しすることができるため、多くのお客様に海外渡航において必要な外貨の知識をご紹介することができます。「外貨ミニガイド」を活用いただき、お客様にとって充実した海外渡航となるよう企画しました。
 


 また、「外貨ミニガイド」は、コニカミノルタジャパン株式会社(本社/東京都港区、原口淳 以下コニカミノルタ)と株式会社甲南堂印刷(本社/兵庫県神戸市、水落充 以下 甲南堂印刷)が、昨年7月に締結した産業印刷分野における戦略的に業務提携に基づき、約半年にわたり未だかつてない付加価値の高い印刷物の研究を行って先月2月21日に開設した未来のデジタル印刷工場『KONANDO Labo』※(兵庫県神戸市中央区)で制作されたものとなります。

 

 ポケットチェンジとビジョンは、『KONANDO Labo』の東日本セールスパートナーである株式会社エスクリエイト(本社/静岡県静岡市、石川雅章 以下エスクリエイト)とともに、『KONANDO Labo』で研究開発を活用し、「外貨ミニガイド」の制作を行いました。

※『KONANDO Labo』は、コニカミノルタの29インチ枚葉UVインクジェット印刷機『AccurioJet KM-1』とデジタルUVスポットニスコーター『JETvarnish 3D』を世界初の併設導入した未来の印刷工場で、マーケティング視点から感性価値を高める新たなプリントビジネス拠点として稼働しています。

■コイン型販促物(外貨ミニガイド)特長
  • 金箔とニス加工をデジタル加飾し、見て、触れて、感じることが出来るまるでコインのような輝きを再現。
  • オンデマンド印刷の特性を活かし、対象となる渡航先の国別硬貨の情報を詳しく記載。
  •  期間限定で「グローバルWi-Fi®」のレンタル時に、「外貨ミニガイド」と同時に現地の実物硬貨もお渡し。
  • ミニガイドでありながらお土産としても利用可能。
  • 対象国通貨は、アメリカ(USドル)、韓国(ウォン)、中国(元)、ヨーロッパ(ユーロ)。
  • 配布場所は、ビジョンが運営する「グローバルWiFi」カウンター。(仙台空港店、成田空港店、羽田空港店、中部国際空港店、関西国際空港店、伊丹空港店、福岡空港店、那覇空港店)
 


コイン型販促物は、上記5社の共同プロジェクトとして提供を開始し、今後、各社によるPR活動を行います。
『KONANDO Labo』を中心に全国各地で、本コイン型販促物を周知し、さらに、研究開発を重ねていく予定です。

【共同プロジェクト企業】
□企画・デザイン・開発
株式会社ポケットチェンジ

□協力
株式会社ビジョン

□東日本セールスパートナー・PR担当
株式会社エスクリエイト

□産業印刷分野業務提携・『KONANDO Labo』
コニカミノルタジャパン株式会社
株式会社甲南堂印刷

 

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポケットチェンジ >
  3. 日本初!訴求効果の高い感動を提供する「外貨ミニガイド」をポケットチェンジが制作し、グローバルWiFi空港カウンターにて配布