finbee(フィンビー)、武蔵野銀行と口座連携を開始

―  finbeeの自動貯金サービスがご利用可能に ―

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を運営する株式会社ネストエッグ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田村 栄仁、以下「ネストエッグ」)は、2019年3月25日(月)より、株式会社武蔵野銀行(本社:埼玉県さいたま市、頭取:加藤 喜久雄、以下「武蔵野銀行」)と、口座連携を開始する運びとなりましたので、お知らせ致します。


「TSUBASA Fintech共通基盤(※1)」を活用した今回の業務連携により、武蔵野銀行の口座をお持ちのお客様も、自動貯金アプリ 「finbee」 をご利用いただけるようになります。
家族、友人とシェアして貯金できる「シェア貯金」や、特定のスポットにアクセスすると自動で貯金できる「チェックイン機能」など、finbeeのユニークな機能で新しい貯金体験をお楽しみください。


(※1)TSUBASA Fintech共通基盤は、TSUBASAアライアンス参加行とT&Iイノベーションセンター株式会社が共同で構築したフィンテック企業、並びに外部事業会社が同一の仕様で接続できるオープンAPIプラットフォームです。TSUBASAアライアンスは、千葉銀行、第四銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行、北越銀行の7行が参加する地銀広域連携の枠組みです。


【ご利用画面】



ネストエッグは、多くのお客様にfinbeeをご利用していただけるよう、今後も接続銀行の拡大に努めると共に、新しい金融サービスの提供を通じ、お客様の生活を豊かにして参ります。



【finbee(フィンビー)サービス概要】
2016年12月にサービス開始。「貯金をもっと楽しく、カンタンに」をコンセプトに貯金目的や目標金額、ルールが簡単に設定でき、お客様のライフスタイルに合わせた貯金をサポートするアプリです。


【finbeeアプリダウンロード】
◆App Store       

◆Google Play




【会社概要】
会社名:株式会社ネストエッグ(英文社名 NestEgg, Inc.)
設立日:2016年4月1日
資本金:2億5千万円(資本準備金含む)
所在地:東京都中央区日本橋人形町3‐4‐7 三勝ビル3F
主要株主:株式会社インフキュリオン・グループ、SBIインベストメント株式会社(※)、
 三菱UFJキャピタル株式会社(※)、SMBCベンチャーキャピタル株式会社(※)
(※):運営するファンド
代表取締役社長:田村 栄仁
事業内容:貯金・決済サービスの企画・開発・運営
URL :https://finbee.jp/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネストエッグ >
  3. finbee(フィンビー)、武蔵野銀行と口座連携を開始