KADOKAWA Connected代表取締役社長 各務 茂雄 氏がスリーシェイク社外取締役に就任

株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉田拓真)は、KADOKAWA Connected代表取締役社長 各務 茂雄 氏が当社社外取締役に就任したことをお知らせいたします。
各務氏は、ドワンゴでのインフラ改革を成功に導き、現在KADOKAWAでは、出版業界に先駆けてDX推進に取り組まれており、DXに関する本を出版するなど積極的な活動を行われています。
 
インフラ領域・DX・経営戦略などを得意とする各務氏に社外取締役としてご参画いただくことで、当社のミッション実現と、全社成長の加速をより一層強く推進してまいります。
 


■各務 茂雄 (かがみ しげお)氏
KADOKAWA Connected代表取締役社長、株式会社ビルディングブックセンター代表取締役社長 CEO。INSエンジニアリング(現ドコモ・システムズ)、Compaq Computer、EMC(現DellTechnologies)、VMware、楽天、Microsoft、AWS(アマゾン ウェブ サービス)を経て、ドワンゴへ移籍。同社ではインフラ改革を行い、20億円のコストダウンを実現。KADOKAWAグループのDXを推進するために、2019年4月より現職。20年4月より情報経営イノベーション専門職大学准教授。12年グロービズ経営大学院修了(GMBA2010)

■各務 茂雄より、就任にあたってのコメント
スリーシェイクが「テクノロジーを価値に変え、社会の根幹を支える」と掲げ、現在提供をしているインフラサービスは、私の長年のインフラに関わってきた視点から見ると、あらゆるイノベーションの源泉になっていると考えています。
イノベーションを加速させるスリーシェイクのお客様という「ファン」を増やすと同時に、同社のサービスと会社の成長を後押しするということを実現するために、社外取締役という立場で私の持っている全てのリソースを使い貢献したいと考えています。

【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは「テクノロジーを価値に変え、社会の根幹を支える」を掲げ、2015年に設立したテクノロジーカンパニーです。社会の根幹を支えるイノベーティブなプロダクトを連続的に生み出すことをミッションに、汎用性の高いインフラシステムの開発・提供をしています。

会社名   :株式会社スリーシェイク
代表者   :代表取締役 吉田 拓真
所在地   :東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3F・4F
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営
データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」開発・運営
セキュリティ診断サービス「Sreake Security(スリークセキュリティ)」運営
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営
会社HP  :https://3-shake.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 3-shake >
  3. KADOKAWA Connected代表取締役社長 各務 茂雄 氏がスリーシェイク社外取締役に就任