ブロックチェーンゲーム開発を支援するNFT特化型SaaS「Spize」をテコテックが公開

株式会社テコテック(本社:東京都港区、代表取締役社長:釣崎宏)は、ブロックチェーンゲーム開発を支援するNFT特化型SaaS「Spize」を公開したことをお知らせ致します。
■背景と目的
NFT(Non-Fungible Token)には、それ単体の希少価値に加え、ゲーム上のアイテムやキャラクターなどのデジタルアセットを表象するなどの様々な活躍が期待されております。テコテックでは、かつて運営していた暗号資産交換所のノウハウを生かし、ブロックチェーンで発行された資産が流通する時代を見据え、各分野・各事業にユースケースを提案しておりました。同時にNFTの技術的な実現性だけでなく、日本法における法令面の整理を行う中で様々な検討を重ね、コンプライアンス・倫理的リスクの洗い出しが一定以上の水準を満たしたとして、この度、ブロックチェーンゲーム開発を支援するNFT特化型SaaS「Spize」を公開することを決定致しました。

【Spizeとは】
「Spize」はゲームにブロックチェーンとの連携を簡単かつ効率的に構築することが可能なSaaS型パッケージとなっております。ブロックチェーンゲームは「デジタルデータの所有権」や「経済」の概念が導入された次世代のゲーム基盤として注目を集めておりますが、作り手の供給不足や開発ハードルが高いなどの問題、及び一度サービスロンチしてブロックを形成した後にアジャイル開発でのイテレーションの繰り返しが困難などの問題があります。

「Spize」はUnity、Cocos Creatorなど多数の開発プラットフォームに対応しており、各社の得意な開発環境でブロックチェーンパブリッシュと連携することができます。また、既存のブロックチェーンゲームネットワークに対応した形でブロックチェーン連携することも可能です。

「Spize」を導入する事でブロックチェーンとの連携部分のコスト・開発工数削減とゲーム本体の開発の迅速化を実現できるだけでなく、NFTを中央管理する場合のハッキングリスクを回避するためのコンテンツの分別管理や、NFTを管理するマネージドツールが付帯しており、アドミニストレーションや運営オペレーションを簡易化して運営コストの削減を図ります。

【Spize機能一覧】

・トークンパブリッシュ

プラットフォームに適応した形でNFT(Non-Fungible Token)を発行する機能を提供します。

・アイテムパブリッシュ
ブロックチェーンデータと引き換えできるキャラクターやゲーム内アイテムなどを発行できます。コイン・NFTを直接配布するのではなく、前払式支払手段に伴う引き換えポイントなどを発行することによりコイン・NFTの過度な流通を制御することも可能です。

・マネージメントツール
NFTの発行・移動を管理できる管理ツールを提供します。

・ブロックチェーンリンケージ
クロスAPIによりブロックチェーンの情報を取得しゲームと連携可能な状態にします。特定のNFTを持っている場合にのみゲーム内でインセンティブを発行するなどの施策が可能になります。

今後もテコテックではブロックチェーン領域の全体の展開を目指しサービスを提供して参ります。


■会社概要
会社名:株式会社テコテック(英語表記: Tecotec Inc.)
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル6階
設立日:2007年12月
資本金:953,857,068円(準備金含む)
代表者:釣崎宏
ウェブ:https://www.tecotec.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テコテック >
  3. ブロックチェーンゲーム開発を支援するNFT特化型SaaS「Spize」をテコテックが公開