京急電鉄とCarstay、三浦半島の 「バンライフの聖地化」目指し協業開始

〜 MaaS連携の第一弾として、三浦半島に車中泊スポットを3カ所開設 〜

京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、社長:原田一之、以下 京急電鉄)と、Carstay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下晃樹、以下 Carstay)は、電車とキャンピングカーのMaaS※1連携による協業を開始します。第一弾として、Carstayの提供する車中泊スポットの登録・検索・予約シェアサービス「カーステイ」に、京急電鉄が三浦半島の新たな車中泊スポットを3カ所開設します。

Carstayは、京急電鉄が株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎)とともに新規事業の創出を目指して運営する「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第3期の参加企業で、「カーステイ」以外にも、キャンピングカーなど車中泊仕様の車のカーシェアサービス「バンシェア」等の「バンライフ※2」プラットフォーム事業を展開しています。

今回は、京急グループが運営する「ホテル京急油壺 観潮荘」(三浦市)と、「観音崎京急ホテル」(横須賀市)の駐車スペースを「カーステイ」に登録しました。利用者は本日より利用可能です。また、2020年11月に城ヶ島(三浦市)に、新たな車中泊スポットを登録・開設予定です。「トレイン&キャンピングカー」として、駅から先の観光スポットへの移動を共同で提案し、三浦半島全域を網羅する新しい形の旅行・観光の創造を目指します。

また、本プロジェクトの情報をSNSで「#三浦半島バンライフ聖地化」をつけて投稿すると、抽選で対象施設で使える温浴券・食事券や「カーステイ」「バンシェア」の10%オフクーポンが当たるキャンペーンを実施します。その他プロモーション活動として、「キャンピングカーで三浦半島を遊び尽くそう!」特設ページ(https://carstay.jp/ja/vanlife/miura)や、10月初旬に発表した「バンライフ」の魅力を発信するCarstayの公式アンバサダー「Carstay Official VanLiver」の1組「はだし夫婦」のソーシャルメディア、京急電鉄の電車広告を介して、三浦半島の「バンライフの聖地化」を目指した取り組みの情報発信をおこないます。今後も京急電鉄とCarstayは、三浦半島における観光資源の再発掘、混雑を避けた観光提案など、地域経済の活性化を目指します。
 

 

 
  • 車中泊スポットについて
3つの車中泊スポットは、首都圏から近いのにもかかわらず、混雑する“都会”とは異なる非日常の自然空間で、のんびりと海を眺めながら、解放的な一時を過ごすことができます。

「RVステーション 京急油壺 観潮荘」
・仕様:ホテル京急油壺 観潮荘の駐車スペース(1台分)
・特徴:隣接の「油壺温泉」で入浴後、車中泊で快適に過ごせます。三崎港から出港する城ヶ島周遊クルーズを「カーステイ」で予約できます。
・特典:「京急油壺マリンパーク」水族館入園券(1日分)
・料金:1泊5,000円
・詳細 / 予約:https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/5f5075e509e5f10027108b0a


「RVパーク 京急観音崎」
・仕様:温浴施設「SPASSO」の駐車スペース(3台分)
・特徴:海岸沿いの散歩コースまで徒歩1分。隣接する温浴施設「SPASSO」の「油壺温泉」の入浴券(1名分)付き。
別料金でバーベキューも楽しめます。
・料金:1泊5,000円
・詳細 / 予約:https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/5f5071012c59700028b8c2b


「城ケ島シーサイドRVステーション」(※11月開設予定)
・仕様:城ヶ島西部地区の駐車スペース(6台分 予定)
・特徴:馬の背洞門、城ヶ島灯台などの観光スポットに近接しています。晴天日は朝焼け、夕日、富士山が綺麗です。
・料金:1泊2,000円(予定)

 
  • 「#三浦半島バンライフ聖地化」キャンペーン
・概要:インスタグラム、ユーチューブ、ツイッター、フェイスブックにハッシュタグ「#三浦半島バンライフ聖地化」付きで投稿した方のなかから抽選で10名様に三浦半島でのバンライフで使えるお得なクーポンの詰め合わせをプレゼント。
・プレゼントクーポン:対象施設で使える温浴・食事券、「バンシェア」「カーステイ」10%オフ・クーポン券

三浦半島周辺で「バンシェア」「カーステイ」で利用可能な車両(一例)

現在、三浦半島には11月開設予定も含め「カーステイ」の車中泊スポットが5カ所、半島近辺にはキャンピングカー含め車中泊仕様の車両14台が「バンシェア」に登録されています。京急線沿線では三崎口駅、逗子・葉山駅、神武寺駅近くなどで車両を利用できます。
 
  • MaaS連携の背景
三浦半島は多くの自然や鎌倉時代の史跡などの観光スポット、三崎まぐろや三浦野菜などの魅力的な食文化をはじめとする地域資源が豊富ですが、半島西側や相模湾側や中央部への交通アクセスや,首都圏からの近さから,宿泊客が比較的少ないことが課題でした。

今回の協業では、駅から先の観光スポットへの移動について、“移動”と“宿”の機能を持つキャンピングカーのカーシェア「バンシェア」と、駐車場や空き地などを車中泊スポットとして登録・検索・予約・決済できるシェアサービス「カーステイ」との継ぎ目ない連携を「トレイン&キャンピングカー」として提案し、三浦半島全域を網羅する新しい形の旅行スタイルの造成と、それによる半島全体への経済波及を狙います。
 
  • Carstay株式会社の「バンライフ」事業について
新型コロナウイルス感染症の影響で、現在、キャンピングカーなどでの車旅と、旅先での車中泊は、3密(密集・密接・密閉)を避ける旅行スタイルとして注目されています。「カーステイ」車中泊の利用は、緊急事態宣言解除後の伸びは飛躍的で、8月と9月前年比2~3倍の予約数、カーシェア「バンシェア」の注文数は、サービス開始の7月と直近の9月と比較すると約2.5倍に伸びています。また、Carstayは9月初旬、三浦半島から北約5キロ先の金沢地区に「バンライフの拠点」となり、バンライフをより身近で体験でき、最新の「Mobility×Mobile5G(移動×通信)」技術を用いた、未来の「旅・仕事・暮らし」を共創・体験できる「Laboratory(実験場)」の場「Mobi Lab.」の2021年開設を発表しました。今後、Mobi Lab.とも連携し、三浦半島でのバンライフのプロジェクトを盛り上げます。
 
  • KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)
「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出」を目指し、スタートアップ企業とのオープンイノベーションにより新規事業創出を目指すプログラム。第3期は、6月に参加企業10社の発表をおこないました。本プログラムの参加企業は、京急グループの事業基盤を活用したテストマーケティングを行いながら事業共創を図り、デジタル・テクノロジーを積極的に活用した新たなモビリティとライフスタイルを生み出すイノベーションの創出を目指します。

■ ホテル京急油壺 観潮荘
住所:〒238-0225 神奈川県三浦市三崎町小網代1152
TEL:046-881-5211 FAX:046-881-5215

■ 観音崎京急ホテル
住所:〒239-0811 神奈川県横須賀市走水2
TEL : 046-841-2200 FAX:046-843-7398

■ 神奈川県立城ヶ島公園
住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ケ島

※1 MaaS(マース) : Mobility as a Serviceの略称。あらゆる“移動体(Mobility)”を1つのサービスとして提供する概念。

※2 バンライフ(VANLIFE): 車を通じた旅や暮らしにより、“人生を豊かにする”ことを目的として荷台スペースが広い車“バン”を、家やオフィスのように作り変え、車を遊ぶ・ 働く・暮らしの1つの拠点とする新たな“ライフ”スタイル。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Carstay株式会社 >
  3. 京急電鉄とCarstay、三浦半島の 「バンライフの聖地化」目指し協業開始