「ハローキティ」が「共生社会ホストタウン大使」に決定

2/16(土)「共生社会ホストタウンサミットin宇部」に登場

©1976, 2019 SANRIO CO., LTD.

 株式会社サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」が、内閣官房の「共生社会ホストタウン大使」に就任することが決定いたしました。 

内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局では、パラリンピアンの受け入れをきっかけとした共生社会の実現を加速するため、共生社会ホストタウン制度を2017年11月に立ち上げており、2019年2月15日現在13件(14自治体)を登録しております。

「ハローキティ」は今後、地域主導の特色のある共生社会の実現を応援するため、共生社会ホストタウンにおいて、例えば、
1.「心のバリアフリー」や「ユニバーサルデザインの街づくり」に向けた広報物等に「ハローキティ」が登場し、 親しみやすさを発信します。
2.海外から来訪するパラリンピアン等に、「ハローキティ」グッズを配布しておもてなしをします。

2月16日(土)に山口県宇部市で開催される「共生社会ホストタウンサミットin宇部」において、「共生社会ホストタウン大使」ハローキティが登場します。
 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サンリオ >
  3. 「ハローキティ」が「共生社会ホストタウン大使」に決定