個性的などうぶつたちの赤ちゃんがすくすく成長!

カピバラ、長ーい耳のミミナガヤギ、ウリ坊模様!?エミューの雛

伊豆シャボテン動物公園では、「カピバラ虹の広場」の『カピバラ』、「なかよし牧場」に暮らす『ミミナガヤギ』、「人工育雛」の『エミュー』にそれぞれ赤ちゃんが誕生いたしました。
2021年1月22日(金)に、「カピバラ虹の広場」に住むカピバラの夫婦・父親「ケビン」と母親「タブ」の間に1頭の赤ちゃん(体長約30㎝・体重約2.0㎏)が誕生いたしました。

カピバラの赤ちゃんカピバラの赤ちゃん

カピバラ(英名:Capybara、学名:Hydrochoerus hydrochaeris)
【分類】齧歯目カピバラ科
【分布】南米アンデス山脈の東側・水辺近くの茂みや林に住む
【体長・体重】約100cm~130cm、約50㎏

 

また、「なかよし牧場」に住むミミナガヤギの「ウミ」(メス・6歳)と「スカイ」(オス・5歳)の間には、1月21日(木)に2頭の赤ちゃん(メス2頭・体長50㎝・体重約2.5㎏)が誕生いたしました。
「なかよし牧場」は動物たちへのエサやり体験ができるふれあいエリアで、ミミナガヤギのほかマーラ、リクガメ、ミニチュアホースなどが一緒に生活をしています。当園では2017年からこのエリアでミミナガヤギを放し飼いしており、今回双子の赤ちゃん誕生により一層お客様の人気と注目を集めそうです。

ミミナガヤギの双子の赤ちゃんミミナガヤギの双子の赤ちゃん

ミミナガヤギ(英名:Long-eared Goat、学名:Capra hircus)
【分類】偶蹄目 ウシ科
【分布】パキスタン
【体長・体重】約100cm~110cm、約30kg~40kg

 

さらに、ふ卵器で育てていた「エミュー」の雛が孵(かえ)りました。現在、雛は「カンガルーの丘」で日光浴を兼ねた運動や親との顔合わせをして、お客様と早く会えるよう練習中です。

エミューの雛エミューの雛

エミュー(英名:Emu、学名:Dromaius novaehollandiae)
【分類】ヒクイドリ目 エミュー科
【分布】オーストラリア大陸全域の草原や砂地など
【体長・体重】約1.4~2.0m 、約40kg~60kg

 

赤ちゃんたちは、いずれも順調に育ち、日々元気に動き回っています。
※赤ちゃんの一般公開は、動物の体調や天候により中止する場合があります

詳細はこちら→https://shaboten.co.jp/press/3312/

【伊豆シャボテン動物公園】https://izushaboten.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社伊豆シャボテン公園 >
  3. 個性的などうぶつたちの赤ちゃんがすくすく成長!