現場DX担当者必見!2つのAI技術「画像解析」と「自然言語処理」による現場DXのやり方

株式会社Lightblue Technology<東京都千代田区、代表取締役、園田 亜斗夢>は、2021年11月26日(金)17時より、無料ウェビナー『現場DX担当者必見!2つのAI技術「画像解析」と「自然言語処理」による現場DXのやり方』を開催いたします。
※周囲にご興味おありの方がいれば是非ご転送ください※
★参加の事前登録申し込みはこちらから★
https://www.lightblue-tech.com/20211126-webinar-registration/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=11_26_webinar


■好評につき再開催!現役AIエンジニアによるAI技術「画像解析」「自然言語処理」解説ウェビナー
建設、製造、インフラなど日本を支える様々な現場の安全、生産性を向上させるAI技術「画像解析」「自然言語処理」について、現役AIエンジニアが徹底解説!

■当日の主なテーマ
・AI技術「画像解析」「自然言語処理」をリアルの現場の安全、生産性向上につなげる方法
・「画像解析」を活用して現場の安全性向上につなげる事例2点の紹介
・Jetson(エッジ)やクラウド、AIの現場実装に適した計算リソースの選び方


■こんな方におすすめ
・建設、製造、インフラなど、リアル現場のDXやAI導入、安全性・生産性向上施策に苦慮している方
・画像や動画のAI解析の活用ヒントを知りたい方
・災害事例文書など大量文書のAI解析の活用ヒントを知りたい方
・画像解析の導入事例を知りたい方
・AIカメラや画像解析の導入と業務自動化・効率化を検討している方
・画像解析・自然言語処理システムの良いベンダーを探している方

★参加の事前登録申し込みはこちらから★
https://www.lightblue-tech.com/20211126-webinar-registration/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=11_26_webinar

【事前登録特典あり!】
☆特典:AIの現場実装に向いたエッジマシン独自解説記事(8,000文字)☆
事前登録者全員に、これまでのノウハウを詰め込んだ特典記事をお送りします!ウェビナー参加を逃してしまっても、ここでしか読めない最先端のノウハウをお見逃しなく!

■ウェビナー概要
建設、製造、インフラなど日本を支える様々な現場。これからの「現場」の安全性と生産性向上に欠かせないこと。それはデータから得られる情報・示唆を必要な人に必要な形で提供することです。しかし今の日本はデータの蓄積こそすれ有効に活用されているとは言い難いのが現状ではないでしょうか。

本ウェビナーでは画像解析技術による録画データの活用方法や、自然言語処理による文書データの活用方法を提案。現役のAIエンジニアが安全性、生産性向上に資する2つのAI技術についてわかりやすく解説します。

加えて現場の安全性向上に画像解析が活用されている事例も紹介。データ活用のヒントを提供します。

■紹介事例:事例はいずれも他の業界に応用可能。必見。
・建設現場での人と重機の接触事故回避
・事業所現場での階段での労災抑止

現場の安全性・生産性向上を目指したい、人の行動認識・解析に興味がある、DX・AI導入を検討している方々の参考となる情報満載。奮ってご参加を!

■パネリストプロフィール
登壇者
株式会社Lightblue Technology
上級研究員 谷口 俊一
東京大学大学院工学系研究科在学。「全国DATA・AIアイデアソン優秀賞」、日本経済新聞社主催「全国大学データAIビジネスプランコンテスト優秀賞」を受賞。建築、製造、不動産など多岐にわたる業界業種の画像解析PJTに従事。要件定義、アルゴリズム開発、現場実装、IoTシステム化までAIの導入に関する業務を一貫して担当。




司会進行
株式会社Lightblue Technology
企画 大野 朋也
京都薬科大学大学院博士課程修了。小野薬品工業株式会社にて研究・開発・経営戦略本部の業務に従事。2021年10月よりレンタル移籍者としてLightblue Technologyに入社。



■開催概要
主催 :株式会社Lightblue Technology
開催日時 :2021年11月26日(金)17:00〜18:00
参加費 :無料(事前申込制)
定員 :500名(先着順)
申し込み方法 :登録ページよりお申し込みください。視聴用URL等をメールにてご連絡します。
参加方法 :オンライン(Zoom)に接続し視聴
事前登録特典 :AI現場実装に向いたエッジマシンの独自解説記事(8,000文字)
アンケート特典:ウェビナー録画配信

■プログラム
1.開場・主催者挨拶
2.リアル現場の課題はAIでどう解決できるか
3.自然言語処理AIを使った、企業に眠る文書の活用方法
4.画像解析を使った蓄積画像・録画データの活用方法
   ~人にフォーカスした画像解析 Human Sensing~
5.安全性向上に画像解析が活用される事例紹介
6.クラウド vs Jetson / 実運用 vs PoC
7.質疑応答
※内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

■視聴方法
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を活用して実施します。
・メールにて視聴用URLをお送りします。
・開始5分前を目途に上記URLをクリックしてご参加ください。
※インターネット環境があればどこでも視聴可能です。
※パソコンからのご参加の場合、Zoomのアプリあるいはインターネットブラウザからのご視聴が可能です。
※スマートフォン・タブレット端末の場合は、 専用アプリ(無料)が必要です。

■お申し込み方法
・登録ページのURLをクリックし、外部登録ページよりお申し込みください。
・複数名ご参加の場合は、お手数ですが1名ずつフォームからお申し込みください。
*いただいた個人情報は、セミナーに関する連絡及び当社からの情報提供のために利用し、同意なく他に提供することはありません。

★申し込みはこちらから★
https://www.lightblue-tech.com/20211126-webinar-registration/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=11_26_webinar
【事前登録特典あり!】
☆特典:AI現場実装に向いたエッジマシンの独自解説記事(8,000文字)☆
事前登録者全員に、これまでのノウハウを詰め込んだ特典記事をお送りします!ウェビナー参加を逃してしまっても、ここでしか読めない最先端のノウハウをお見逃しなく!

■株式会社Lightblue Technologyについて
Lightblue Technologyは、Deep Learningを中心としたAIアルゴリズムを社会実装することで、 複雑化した社会で生まれる課題の解決を目指す。
人にフォーカスした画像解析技術”Human Sensing”は、人がどのような状態にあるか、何をしているか、何秒その状態にあるか、をリアルタイムで計測・データ化。例えば建設現場・製造現場や倉庫などの業務・作業品質の維持改善、効率化や安全性向上、稼働・生産量のリアルタイム把握や、駅や商業施設、店舗など人が多く集まる場での見守りなども、人の目や手・判断能力を使わず実現。管理者人財の不足するどんな企業のDXにも活用可能。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Lightblue Technology >
  3. 現場DX担当者必見!2つのAI技術「画像解析」と「自然言語処理」による現場DXのやり方