焼肉店を新たな感性でアップデート―「安楽亭」が店舗デザインコンペを実施

 焼肉レストラン「安楽亭」を運営する株式会社安楽亭(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:柳 先)は、新しい感性でこれからの焼肉店を表現する店舗デザインコンペティション『未来の「安楽亭」開発プロジェクト』を実施し、2021年12月1日(水)から2022年1月20日(木)まで、幅広い方々からの提案を募集します。

<コンペ実施の背景>
 マス・コミュニケーションによって誰もが同じものを欲しいと思った時代はとうの昔に終わり、ひとりひとりの「好き」によってものが選ばれる時代が既に成熟してきました。今は「好き」どうしが自由につながることも自在で、自分にとって本当に良いもの、意味のあるものを妥協せずに選べる環境があります。こうした自由は、今後もさらに充実していくと考えられます。

 「安楽亭」は、確かな食材を安価な価格でご提供し、どなたも気軽に本格焼肉を楽しめるファミリーレストランチェーンとして事業を拡大してきました。
  ひとりひとりが自分にとって魅力的なものを選び抜くことができる今の時代は、長年「家族で」「みんなで」楽しまれてきた安楽亭にとっても、新しい感性やライフスタイルの要請に応えて次のステージへと進むべき変化のチャンスと捉えています。こうしたことから、ブランド体験の核となる店舗の外観・内装をテーマに、ひとりひとりがそれぞれの「好き」を持った「みんな」が心地よく集う、新しい焼肉店のデザインを探ることとしました。

<店舗デザインコンペ『未来の「安楽亭」開発プロジェクト』概要>
テーマ:
「ひとりひとりの感性が集い、共存する新しい焼肉店」
2023年竣工予定の店舗新築に向け、郊外型独立店舗の外観および内観デザインをご提案ください。ターゲットは、現在の20代~30代を親とするファミリー層です。このファミリーの子ども世代の方々にとっても魅力的で、新世代の家族のライフスタイルに合致する、安楽亭ブランドとお客様の接点をデザインしてください。

エントリー締切り:2022年1月17日(月)
応募締切り:2022年1月20日(木)
賞金:グランプリ(1点)50万円/優秀賞(2~3点)各10万円
審査員:株式会社安楽亭 代表取締役社長 柳 先、株式会社安楽亭 デザイン部(荻島 勉、根岸 成和、村上 信)、京都美術工芸大学 副学長 美術工芸学科デザイン領域教授 安藤 眞吾)
応募資格:個人、グループ、企業、学生など、どなたでも応募可能です。ただし、選考の都合上、使用言語は日本語に限らせていただきます。
応募方法:特設サイト内の事前エントリーフォームより必要事項をお送りください。折り返し、当社から必要資料一式をお送りします。
特設サイトURL: https://www.anrakutei.co.jp/jigyo/designcompe.html
主催:株式会社安楽亭

【安楽亭ブランドについて】
関東を中心に160店舗以上を展開する安楽亭は、創業以来、本格焼肉を気軽に楽しめる身近な焼肉店として親しまれてきました。結着肉・脂肪注入肉を使用しない「100%自然肉」や無添加たれの伝統に支えられた確かな味を、リーズナブルな価格でご提供しています。
ブランドサイト:https://anrakutei.jp/

【会社概要】
会社名 : 株式会社安楽亭
本社所在地: 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-5 アルーサB館4階
代表者 : 代表取締役社長 柳 先
設立 : 1978年11月
資本金 : 31億8,238万円
コーポレートサイト :https://anrakutei.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社安楽亭 >
  3. 焼肉店を新たな感性でアップデート―「安楽亭」が店舗デザインコンペを実施