Open Source Summit、Embedded Linux Conferenceと共同開催へ ー 技術とリーダーシップ両方のプログラムを1つのイベントに集約

業界で最も人気のあるオープンソース関連イベントが今年初めてEmbedded Linux Conferenceと共同開催し、開発者やオープンソース専門家のニーズに応える2つのプログラムを提供

オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation 5月15日 (米国時間)、北米で開かれる Open Source Summit および Embedded Linux Conference のキーノートとプログラムを発表しました。
2019年5月15日サンフランシスコ発 – オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は、北米で開かれる Open Source Summit および Embedded Linux Conference のキーノートとプログラムを発表しました。このイベントは、2019年8月21日~23日にヒルトン サンディエゴ ベイフロントで開かれます。2019年5月20日まで早期割引登録が提供されます。

今年は初めて Open Source Summit North America ( https://events.linuxfoundation.org/events/open-source-summit-north-america-2019/ ) に Embedded Linux Conference North America(ELC https://events.linuxfoundation.org/events/elc-north-america-2019/ )が統合されます。 10年以上にわたり、ELC は、組み込みLinuxと産業用IoT製品とデプロイメントに取り組む開発者が、教育と協業のために集合するベンダー中立的なプレミア技術カンファレンスです。Open Source Summitは開発者とオープンソースプロフェッショナルを結び付け、私たちを取り巻く世界を形成する最新のテクノロジについて学び、協業します。以前 LinuxCon + CloudOpen + ContainerConとして知られる同イベントは、テクニカルサミットとリーダーシップサミットを一つにしたものです。

Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターである Jim Zemlin は、次のように述べています。
「オープンソース開発はソフトウェア業界に活力を与え、オープンソース開発は人々により活気づけられます。開発者や一流のテクノロジストが一堂に会してコミュニティを形成し、ソフトウェア開発を前進させるための場を作ることは、Linux Foundation の中心的な使命です。イベントはコミュニティの形成と持続可能性の基盤であり、開発者やオープンソースプロフェッショナルが重要な仕事を進めるために必要としているツールやリソースを提供する機会でもあります。」

成長を続け、多様性を備えたコミュニティとテクノロジーを支えるために、Linux Foundation は10年以上にわたりイベント プログラムを作成、拡張してきました。同組織は、オープンソースコミュニティに貢献するために存在し、開発者と技術のリーダーのニーズを特定し、それらに対応します。世界中の35,000人以上のリーディングテクノロジストが毎年イベントに参加して、コミュニティを形成し、新しいアイデアを出し合い、学習とコラボレーションに参加しています。

サンディエゴで開催する今年のOpen Source SummitとEmbedded Linux Conferenceの基調講演者は以下の通りです (敬称略)。
  • Nicole Forsgren, Researcher & Strategist, Google Cloud and Co-Author of “Accelerate: The Science of Lean Software and DevOps: Building and Scaling High Performing Technology Organizations” (IT Revolution) speaking on DevOps.
  • Jeff Clune, Harris Associate Professor – Computer Science, University of Wyoming & Senior Research Manager (Staff Scientist), Uber AI Labs speaking on AI.
  • Christina Dunbar-Hester, Faculty Member at USC’s Annenberg School for Communication and Journalism and Author of the forthcoming book “Hacking Diversity: The Politics of Inclusion in Open Technology Cultures” (Princeton University Press) speaking on Diversity.
  • Kairan Quazi, Student & Research Collaborator, Intel Labs’ Anticipatory Computing Lab speaking on AI and
  • Michele Gelfand, Distinguished Professor at the University of Maryland and author of “Rule Makers, Rule Breakers: How Tight and Loose Cultures Wire the World” (Scribner) speaking on community culture.
  • Greg Kroah-Hartman, Linux Kernel Developer and Linux Foundation Fellow speaking on the Linux Kernel.
  • Chris Wright, vice president and CTO, Red Hat.
イベントは3日間で 19のトラック、300+のセッションを実施し、以下の分野をカバーしています。

Open Source Technical Program & Embedded Linux Conference
  • Linux Systems
  • Security & Safety
  • Cloud Infrastructure & Automation
  • Embedded Linux
  • Automating Compliance
  • Open AI
  • Open IoT
  • Networking & Edge
  • Emerging Technologies & Project Highlights
  • Open Source Training Fundamentals (Cloud Administration Essentials, Embedded Development Essentials & Linux Administration Essentials)
Open Source Leadership Program
  • Growing & Sustaining Open Source Communities
  • Diversity Empowerment
  • Open Source Program Management/TODO
  • Best Practices for Open Source Development
全スケジュールはこちらをご覧ください : http://bit.ly/ossna19program

また、イベントに先立つ2日間に多数の同時開催イベント、チュートリアル、ワークショップが開かれます。これには、Open Source in Gaming Day(ゲームにおけるオープンソース デイ https://events.linuxfoundation.org/events/open-source-in-gaming-day-2019/ )、Tracing Summit(トレーシング サミット https://events.linuxfoundation.org/events/open-source-summit-north-america-2019/program/co-located-events/ )、Linux Security Summit(Linuxセキュリティ サミット https://events.linuxfoundation.org/events/linux-security-summit-north-america-2019/ )、OpenPOWER Summit(OpenPOWERサミット https://events.linuxfoundation.org/events/openpower-summit-north-america-2019/ )、State of the (LF) Edgeワークショップ(LFによる最先端エッジ ワークショップ https://events.linuxfoundation.org/events/open-source-summit-north-america-2019/program/co-located-events/ )、Machine Learning Summit(機械学習サミット https://events.linuxfoundation.org/events/open-source-summit-north-america-2019/program/co-located-events/ )があります。さらに今回のイベントでは、会議の内容とは別に、ミッドウェイ博物館で開かれるレセプション、5Kmランニングなどの朝の活動、キッズ デイ、簡単なメンタリング、登壇者との交流など、さまざまな参加者向けアクティビティも用意されています。

Linux Foundationのメンバー ( https://www.linuxfoundation.org/membership/members/ ) およびLFプロジェクトのメンバー ( https://www.linuxfoundation.org/projects/ ) は、登録価格に20%の割引を受けることができます。教員、学生、非営利団体、グループ向けの割引もご用意しています。events@linuxfoundation.org にメールを送って割引コードをお受け取りください。ダイバーシティスカラーシップやニーズベーススカラーシップ (多様性と経済的必要性に対応する奨学制度)  申請書を受付中です。

イベントは、ダイアモンド スポンサーの Intel、プラチナ スポンサーの IBM およびRed Hat、ゴールド スポンサーのVMwareをはじめとするスポンサーの支援により実現します。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

###
The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Linux Foundation Japan >
  3. Open Source Summit、Embedded Linux Conferenceと共同開催へ ー 技術とリーダーシップ両方のプログラムを1つのイベントに集約