「株式会社おいしい健康」が「東洋製罐グループホールディングス株式会社」との資本業務提携を発表

 食のパーソナライズを通じて病気予防・治療支援を実現する「栄養スタートアップ(フードテック×ヘルステック)」の株式会社おいしい健康はこのたび、東洋製罐グループホールディングス株式会社(以下、東洋製罐グループ)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資本業務提携契約を締結いたしました。
おいしい健康はこれまで、食と健康・医療の社会課題解決(SDGs:すべての人に健康と福祉を)を目標に、管理栄養士監修のパーソナライズ食事支援アプリ「おいしい健康」を軸として、一般生活者および患者・医療従事者を対象とした”栄養管理のデジタルトランスフォーメンション”事業を展開してきました。現在、おいしい健康でサポート可能な食事テーマと疾患は50を超え、新型コロナウイルス感染症の流行を背景に、利用者数は3倍に増加しました。また、食生活の可視化を実現する独自のデータプラットフォームを基盤に、さまざまな疾患と食生活の関係を明らかにすべく、医療機関とともに10件以上の共同研究を実施中です。

今回、食品・飲料などの包装容器大手である東洋製罐グループとの資本業務提携を通じ、「食と健康のデータプラットフォームの構築」と「食のバリアフリーの実現」に向けた、戦略的協業を推進していきます。

東洋製罐グループはかねてより「OPEN UP! PROJECT(※1)」を立ち上げ、スタートアップや異業種とのオープンイノベーションを積極的に実現しています。おいしい健康と東洋製罐グループでは、包装容器を「誰もが手に触れる、食の重要インターフェース」と位置付け、そのバリアフリー化やデータ結合を進めていきます。すでに両社では減塩豆腐容器「ソルトーフカップ(※2)」を共同開発していて、今後は包装容器のIoP化(Internet of Package)を通じて、あたらしい食と健康の実現と社会課題の解決をめざします。

減塩豆腐容器「ソルトーフカップ」

 

 

※1 https://jp.open-up.tskg-hd.com/
※2 https://jp.open-up.tskg-hd.com/ideas/saltoffcup/
 

《おいしい健康とは》
■株式会社おいしい健康「食からつくる、あたらしい健康と医療のかたち」
株式会社おいしい健康では「誰もがいつまでも、おいしく食べられるように」という理念のもと、生活者・家庭目線の「フード×ヘルスケアテック事業」を展開しています。テクノロジーとビッグデータを活用し、生活者個々の健康を食事面から支えることは、病気予防や重症化防止に寄与するのみならず、その先にある「心からの笑顔」を増やすことにつながります。元気であってほしい、食べたい・食べさせてあげたいという家族の想いを叶え、健康維持や予防、病気、妊娠・育児や介護のときであっても、毎日を笑顔で過ごせる社会の実現をめざします。

■おいしい健康のSDGs
・すべての人に健康と福祉を
(食のバリアフリーを通じた、人生100年時代における持続可能な健康と社会保障の実現)

■会社概要
代表取締役:野尻哲也
設立:2016年7月(2017年1月にクックパッド株式会社よりMBO)
資本金・資本準備金:832百万円
コーポレートサイト:https://corp.oishi-kenko.com/

 

《東洋製罐グループホールディングス株式会社の概要》
東洋製罐グループは金属・プラスチック・紙・ガラス等の素材を活かした総合包装容器メーカーです。素材開発・成型加工・エンジニアリングの技術を活かし、業界を牽引している最大手です。これまで食を「つつむ」ことで、食品の保存期間を長くする、より遠くにいる必要な人に届ける、利便性を高める、必要な情報を伝え安心を与えるなど、食の世界で様々な社会価値を提供して参りました。人々の目に最初に留まり、直接手に触れられる容器だからこそ解決できる社会課題に、100年以上培った技術やノウハウを手にこれからも挑んでいきます。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. おいしい健康 >
  3. 「株式会社おいしい健康」が「東洋製罐グループホールディングス株式会社」との資本業務提携を発表