世界11ヶ国・23空港で同時開催!航空ファンが集まる「Spotters Day 2019」を関西国際空港で開催

 関西エアポートは、航空機写真の撮影を楽しむ通称「スポッター」と呼ばれる方々へ向けたイベント「Spotters Day 2019(スポッターズデイ2019)」を11月16日(土)に関西国際空港で開催します。

 今年で2度目の開催となる「Spotters Day2019」は、普段は立ち入ることのできない空港内の制限エリアにスポッターを招待し、国内外の航空機写真を撮影していただくイベントです。当日は10:00~18:00まで、目の前に降り立つ飛行機など、迫力ある写真を間近で思う存分撮影することが可能となります。今回は関西国際空港を含め、VINCI AIRPORTSがネットワークを持つ世界11ヶ国(日本、アメリカ、コスタリカ、カンボジア、ドミニカ、チリ、フランス、ポルトガル、イギリス、セルビア、ブラジル)・23空港で同時に開催し、総勢400人のスポッターが参加します。
 関西国際空港での参加者は、関西エアポート公式Instagramを通じて募集をし、限定6名の枠に80名の応募がありました。当日撮影された写真は、「#VINCIAirportsSpottersDay」のハッシュタグをつけて発信することを予定しており、InstagramやTwitteなどのSNSを通じて世界各地での様子をご覧いただけます。

 関西エアポート株式会社は、お客様に楽しんでいただける取り組みを通じて、新たな旅の体験を創造してまいります。

昨年開催した「Spotters Day 2018」の様子昨年開催した「Spotters Day 2018」の様子

昨年開催した「Spotters Day 2018」の様子昨年開催した「Spotters Day 2018」の様子

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 関西エアポート株式会社 >
  3. 世界11ヶ国・23空港で同時開催!航空ファンが集まる「Spotters Day 2019」を関西国際空港で開催