JAXAベンチャー天地人、無料体験できる土地評価エンジン『天地人コンパス Demo』に、世界中のピンポイントの分析に便利な地表面温度や降水量データを追加

JAXA認定の宇宙ベンチャー 株式会社天地人(東京都港区 代表取締役 櫻庭康人)は、宇宙ビッグデータを活用した土地評価エンジン『天地人コンパス』の無料体験版となる『天地人コンパス Demo』にて、世界中の地表面温度と降水量データ(2019年-2020年 各月)を追加しました。世界中にマーケットを広げる企業はもちろん、これから世界に事業展開をお考えの企業まで、宇宙ビッグデータの可能性を自社事業で感じていただける機会になれば幸いです。

『天地人コンパス Demo』URL: https://compass.tenchijin.co.jp/

天地人コンパス Demo
天地人コンパスでは、例えば、ある期間の地表面温度の変化を可視化して「農作物の高温障害リスクや病害虫リスクを調べる」、昼夜温度差・平均地表面温度から「農作物が美味しく育つ場所を探す」、夏の地表面温度を可視化し「熱中症リスクを知る」といった分析が可能です。
2021年10月に公開した、日本の都市部、山間部、平野部の3つのエリアの気象データや、解析結果の閲覧を含め、世界中の1km単位の地表面温度データと10km単位の降水量データがさらに充実しました。解析結果から好みの場所を選択してピンポイントの気象データを閲覧できます。


■天地人コンパス Demoで体験いただける機能
①ピンポイントデータ閲覧・履歴分析機能
世界中における、1km単位の細かい地表面温度データと10km単位の降水量データ(2019年-2020年各月)を直感的に見ることができ、ピンポイントの気象データを閲覧することができます。地上データでは観測が難しい場所での、土地の状況、環境を過去から遡り評価できます。適地評価や、未来のリスク評価に活用できる機能です。

②広域土地評価機能
ビジネスや農業に最適な場所を探したり、災害や自然環境変化を分析できたりする機能です。天地人コンパス Demoでは範囲を限定しておりますが、面的な広がりを持った分析評価をご体験いただけます。

以下に2つの分析例を示します。

分析例その1  農作物の高温障害リスク
夏期の地表面温度から農作物の高温障害リスクを算定した図です。
赤色はリスクの高いところを、青色はリスクの低いところを示します(色が付いていないところはリスクが極めて低いところです)。
 



分析例その2 天地人米 生産適地スコア
天地人米という品種のお米を育てる想定で、衛星情報由来の様々な気象条件(地表面温度、降水量、日射量等)を仮設定し、それらと地上情報(土壌情報等)を複合的に分析し、スコア化した図です。

赤色は適性度の高いところを、青色は適性度の低いところを示します(色が付いていないところは適性度が極めて低いところです)。
なお、必要に応じて機械学習を用いた評価も可能です。
 



利用方法

天地人コンパス Demoは、特設サイトにアクセスいただくことで無料でご利用いただけます。
サービス詳細
・名称:天地人コンパス Demo
・料金:無料
・対応ブラウザ:Google Chromeを推奨、PCのみ対応
・特設サイト:https://compass.tenchijin.co.jp/


天地人コンパス
天地人コンパスは、地球観測衛星のビッグデータをはじめとする様々なデータをもとに、解析、可視化、データ提供を総合的に行う土地評価サービスです。農業生産から都市開発まで、様々な目的に合わせてカスタマイズすることが可能となっており、ビジネスにおいて最適な土地を宇宙から見つけることができます。

これまで、宇宙から稲の栽培環境をモニタリングし、より美味しいお米の栽培を目指す「宇宙ビッグデータ米」プロジェクトや、キャンプ場候補地を宇宙から衛星で探すプロジェクト、複数の土地の類似性を気象の観点から評価するプロジェクトなどにサービスを活用してきました。
 


衛星データというと、多くの方が衛星から撮影した写真を思い浮かべると思います。衛星から撮影した画像は代表的な衛星データではありますが、天地人コンパスは、降水量などの気象情報や、3Dマップに代表される地形情報、赤外線によって観測される地表面温度なども世界中のあらゆる場所で取得可能です。

また、天地人コンパスでは、お客さまが元々お持ちの地上データや、実績データなどを重ね合わせて、複合的に分析することもできます。


JAXA認定ベンチャーならではの優れた衛星データコンシェルジュがビジネスをサポートします!
天地人コンパス Demoは、宇宙ビッグデータを身近に感じていただけるように開発しました。機能制限はありますが、宇宙だからこそ得られるデータの多さや、データを組み合わせることで今まで気付かなかった新しい視点の発見、自社事業への活用の可能性などを探っていただければと思います。

「衛星データx地上データx分析結果」をデータそのままではなく地図上で閲覧できるので、専門知識がなくても活用いただけます。

天地人コンパス Demoを使用してみて、世界中の「事業と気象(地表面温度、降水量、日射量 等)の関係を分析・可視化してみたい」「気象情報に基づき農作物の収量をアップさせたい」「これまで現地に行って目視で確認していた作業を自動化したい」「経験や勘に基づいていた作業を、気象情報や衛星データを利用して客観的なものにしたい」など、気になること、調べたいことが出てきた場合はぜひお問い合わせください。

膨大な宇宙ビッグデータの中から、お客さまのご要望にあわせてデータを組み合わせ、独自のアルゴリズムで分析し、お客さまにあった形でデータを提供いたします。


■株式会社 天地人 会社概要
会社名:株式会社 天地人
所在地:東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー9F
代表者:代表取締役 櫻庭康人
事業内容:衛星データを使った土地評価コンサル
サイトURL:https://tenchijin.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社天地人 >
  3. JAXAベンチャー天地人、無料体験できる土地評価エンジン『天地人コンパス Demo』に、世界中のピンポイントの分析に便利な地表面温度や降水量データを追加