小学生の保護者の教育上のお悩みは「子どものやる気がない」& 悩み相談したい著名人ランキングも発表!

株式会社CyberOwl(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中啓太、読み:サイバーアウル)
が運営する塾や習い事に関する総合情報サイト「テラコヤプラス by Ameba」(https://terakoya.ameba.jp/) は、全国の小学生の保護者503人に対して、「子どもの教育に関するお悩み」と「悩み相談をしたい著名人」について、インターネット調査を行いました。

続いて教育のお悩みを誰に相談するのかを伺いました。​

教育問題は、子どもの年齢にかかわらず、学びをはじめた瞬間から絶え間なく続いています。夏休みが終わり、進路について真剣に考える人も多くなってくるこの時期、保護者の方々のお悩みや不安は、日に日に増えていきます。
そこで、「テラコヤプラス by Ameba」では、全国の小学生の子どもがいる保護者503人を対象に「子どもの教育に関するお悩み」と「悩み相談をしたい著名人」について、インターネット調査を行いました。


▼調査記事
https://terakoya.ameba.jp/a000001657/

 

■小学生の保護者の教育上のお悩みは「やる気がない」

まず、「お子さまへの教育のお悩みは?」という問いに対して、全体の約4割にあたる190人の保護者が「子どものやる気がない」、94人が「子どもの勉強を見る時間が取れない」、62人が「思うように成績が上がらない」と回答。
次に、「子どものやる気がない」お悩みに対して、対処法を聞いたところ、「進捗やスケジュールを可視化する」「子どもの好きなものをご褒美にする」「子どもが興味を持ちそうなやり方で勉強をさせる」などの意見が出ました。保護者のお悩みに対して、どのような対処をしているのか、具体的な対処法を一部抜粋してご紹介します。

 ▼「やる気がない」子どもへの具体的な対応策(一部抜粋)。あえて黙っているのも一案

  • 「目標設定」「スケジュール」「できているところとそうでないところ」などを可視化した。
  •  大人の時間を削り、じっくり子どもと一緒に勉強をしたり、同じ机に向かって 時間を過ごすようにした。
  •  塾、オンライン学習、通信教育などを利用して、勉強するクセをつけた。
  • 勉強とゲームの時間をつくったり、子どもが興味を引きそうな物を利用しながら、 勉強 の楽しさや大切さを結びつけて教えた。
  •  本人が率先してやるまで何も言わず待った。
無理やり勉強をさせるのではなく、子どもの興味のあるジャンルや方向性を取り入れながら勉強するように誘導しているのがわかりました。
また、あえてとやかく言わないでいることで、子どもが自発的に取り組むのを待つという、親にとっても思い切った方法を採り入れた方々もいらしゃいました。

■教育のお悩みを相談する1番はパートナー。誰にも相談しないという回答も


続いて教育のお悩みを誰に相談するのかを伺いました。

保護者の約6割が「夫か妻に相談する」と回答。やはり子どものことは、パートナーと共有し解決する方が多いようです。次いで、「自分の親」「ママ友」と続き、悩みがあっても誰にも相談しないと回答した人が約1割にあたる45人いました。

■教育のお悩みを相談したい著名人1位は「尾木ママ」!ランキングを発表
最後に教育のお悩みに解決をしてくれそうな頼れる著名人を調査。
1位から10位までランキングで紹介します。

第1位:尾木ママ 
第2位:林 修

第3位:カズレーザー
第4位:マツコ・デラックス
第5位: 北斗 晶
第6位:高島 ちさ子
第7位:櫻井 翔
第8位:仲 里依紗
第9位:谷原 章介
第10位:野々村 友紀子

子どもの教育において信頼度の高い尾木ママと林 修さんの2人が、全体の約4割の保護者から支持され、3位からは保護者という同じ目線でのアドバイスがもらえそうな著名人がラインナップしました。
1位の尾木ママについては、ブログやYouTubeを使った発信やご出演されたYouTube、著書「10代の子をもつ親に伝えたいこと」(PHP文庫2014)を参考にしているなどのご意見もありました。

■まとめ
子どものやる気がないというお悩みは保護者なら誰でも感じたことがあり、日々抱えてている問題といえるでしょう。その中で親としてできるのは、押し付けではなく、道筋を整えて、きっかけを作ること。もしくは親が何かに取り組んでいる横で、子供が本を読んだり勉強できるような環境を作り、同じ空間で時間を過ごすのも一案です。あるいは一緒に何かに取り組めば、共通点ができて話が弾んだり、子どもの知らない一面を発見するかもしれません。

【調査概要】 
調査時期:2021年8月23日(月)~2021年9月6日(月) 
調査方法:インターネット 調査
地域:全国 
調査人数:小学生の子どもがいる保護者503名 
調査内容:教育のお悩みと解決してくれそうな著名人に関するアンケート

■「テラコヤプラス by Ameba」概要
テラコヤプラス by Amebaは、塾・予備校・家庭教師・オンライン塾などの習い事に
関する総合情報サイトです。習い事選びの決め手となる料金や講師情報、実際に通った方々の口コミなどを詳しく掲載することで、保護者の方やお子様にとって目的にあった
最適な習い事に出会えるサービスを目指しています。
名称:テラコヤプラス by Ameba
URL:https://terakoya.ameba.jp/
利用料金:無料

■株式会社CyberOwlについて
株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberOwl(サイバーアウル)は、“わくわくする会社を創る”を企業のVisionに、“「調べる」を豊かに”を社会に果たすMissionとして掲げ、皆様の生活に寄り添ったライフスタイルメディアを展開しております。お金にまつわる情報から、エンタメ・美容・日用品まで、皆様の生活に役立つ情報をお届けしています。
URL:https://www.cyberowl.co.jp/
本社:東京都渋谷区
代表取締役社長:田中 啓太

【運営メディア一覧】
・「脱毛口コミランキングなび by Ameba」:脱毛の全ての情報を比較できる、最大級の口コミメディア
URL:https://datsumo.ameba.jp/
・「マネ会 by Ameba」:知って得するお金の情報メディア
URL:https://manekai.ameba.jp/
・「モノレコ by Ameba」:あなたにぴったりな商品や選び方が見つかるメディア
URL:https://monoreco.ameba.jp/
・「aukana」(アウカナ):観たい作品に出会える、作品検索メディア
URL:https://doga.hikakujoho.com/

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CyberOwl >
  3. 小学生の保護者の教育上のお悩みは「子どものやる気がない」& 悩み相談したい著名人ランキングも発表!