ソフトバンクが提供を開始する高等学校向け教育プログラム「AIチャレンジ」の教材開発に協力

ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀、以下「ソフトバンクロボティクス」)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮川 潤一)が2020年4月に提供を開始する高等学校向け教育プログラム「AIチャレンジ」の教材開発に協力したことをお知らせします。「AIチャレンジ」の教育プログラムの中で、人型ロボット「Pepper」を一部活用し実践的な学習を行うことができます。
「AIチャレンジ」は、国内のAIを活用できる人材の不足と、若手人材の育成が急務という状況を踏まえ、高校生の段階からAIの基礎や仕組みを実践的に学ぶ機会を提供する取り組みです。

2つあるコースのうち、情報科学系に特化した学科を持つ高等学校や特別支援学校(高等部)などでの導入を想定した「AI活用実践コース」は、演習テーマに沿ったAIモデルを作成し、生徒の身の回りの課題解決学べる実践的な内容となっています。その課題への対応のひとつとして、「Pepper」にAIモデルを組み込むことが可能です。
講義やPCを使った演習でAIを体験するだけに留まらず、AIで「Pepper」を動かすことで、AIの社会実装の実現までを学ぶ実践的な学習を行うことができます。

またAIを実社会において活用する際に、「Pepper」を利用することで、人型ロボット等の機械を通じた具体的なAIの実装方法を学ぶことができます。

ソフトバンクロボティクスは、今後もAI活用人材の育成をロボティクス分野で支援していきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソフトバンクロボティクス株式会社 >
  3. ソフトバンクが提供を開始する高等学校向け教育プログラム「AIチャレンジ」の教材開発に協力