地上158メートル 香川県ゴールドタワーにオープンした「天空のアクアリウム ソラキン」がオープンから二周年(2020年3月20日〜2022年3月31日)で来場者数16万人を突破!

水族館など魚に関するエンターテイメント事業を展開する株式会社 UWS ENTERTAINMENT(本社: 東京都江戸川区、代表取締役:宮澤雅教、以下 UWS)は、香川県のシンボルであるゴールドタワーに 2020年3月20日にオープンした、四国最大級の金魚をテーマにした水族館「天空のアクアリウム ソラキン」にて、オープンから二周年(2020年3月20日〜2022年3月31日)で、累計の来場者数が167,632人になったことを発表いたします。

■ コンセプト

天空のアクアリウム「ソラキン(空金)」は、四国最大級の金魚エンタメ・アクアリウム空間です。四国の玄関口である香川県のシンボルゴールドタワー地上158メートル宇多津の町並み、瀬戸大橋の夕景・夜景が一望できる展望台の最上階に瀬戸の大空を優雅に泳ぐ『空飛ぶ金魚水族館』として、2020年3月20日にオープンしました。

瀬戸内海、瀬戸大橋を一望できる場所で、空一面を魚が泳いでいるかのようなレイアウトです。また、通常の人工物を配置して水槽を作るだけでなく、自然の景色を利用した大胆で新しいレイアウト方法を採用し、昼と夜、天候によっても見え方が変わり様々な雰囲気を楽しむことができます。

■ エリア別の様子
ゴールドタワーの4階と5階、2フロアを使用し、それぞれのフロアで異なったコンセプトの空間設計がされています。

【5F天空の煌めき:金魚・ミラーボールで演出された万華鏡をイメージした異空間】
ミラーボールとアクリルとライティングを駆使したアート水槽、映像コラボ、瀬戸内海を背景にしたそらきん水槽、現代風金魚鉢水槽を使用し空間を演出しています。


【4F天空の潤い:熱帯魚・草花で演出した森の中に迷い込む、冒険心くすぐる世界】
流木、貝殻、植物をレイアウトに使用したテラリウム水槽、地球をモチーフにした愛の球体水槽、熱帯魚とフラワーアレンジのコラボ、瀬戸内海を背景にした水槽、実験室を模したラボ、ステンドグラス空間の6つのエリアに分かれています。


【昼と夜とで見え方が変わる水族館】
高さ127mに位置する「ソラキン」は、自然光を利用したレイアウトの採用から、昼と夜とで全く違った空間を演出しています。

◇ 昼の館内の様子


◇ 夜の館内の様子

平日の営業時間は10時~18時ですが、土日祝は10時~22時の営業時間になっており、祝日が続くゴールデンウィークではその特別な夜の時間帯を普段よりも一層楽しむことが可能です。


■開催概要
営業時間 :平日  10:00〜18:00(最終入館受付 17:30)
土日祝 10:00〜22:00(最終入館受付 21:30)
料金     :大人:1200円(中学生以上)/小人:800円(1歳~小学生)※1歳未満は無料。
場所     :香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁8-1
公式サイト:https://www.goldtower.co.jp/spi/sorakin/

 ■「株式会社UWS ENTERTAINMENT」について( Webサイト https://www.uws.jp/
会 社 名 :株式会社UWS ENTERTAINMENT
所 在 地 :〒132-0022 東京都江戸川区大杉3-9-1
代 表 者 :代表取締役 宮澤雅教
事業内容:イベントの企画・運営、アクアリウムの制作・展示・メンテナンス、アクアリウムのリース・レンタル

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社UWS ENTERTAINMENT >
  3. 地上158メートル 香川県ゴールドタワーにオープンした「天空のアクアリウム ソラキン」がオープンから二周年(2020年3月20日〜2022年3月31日)で来場者数16万人を突破!