旭化成ホームズ 環境省の「生物多様性のための30by30アライアンス」に参加

旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川畑 文俊)は、2030年までに国土の陸域・海域それぞれ30%を生物多様性保全を目的とした自然環境エリアとして保全する目的で環境省が定めた「生物多様性のための30by30アライアンス」に参加することとしましたのでお知らせします。
当社は環境方針として、「脱炭素社会とレジリエンスの推進」「サーキュラーエコノミーの実現」「ステークホルダーと共に進める自然共生」を柱に、「お客様のいのち・くらし・人生」全般を支えるLONGLIFEな事業活動を通じて、サステナブルな社会を実現する為に、次世代に豊かな地球環境を引き継ぐことを掲げています。特に自然共生については、生物多様性の保全における知見をより高め、ステークホルダーと共に豊かな自然と調和する暮らしの実現を目指しており、今回のアライアンスに参加することで、生物多様性の保全により一層貢献していきたいと考えております。
  • 環境省「生物多様性のための30by30アライアンス」とは
2010年に名古屋市で開催されたCOP10※では、生物多様性に関する長期計画「愛知目標」が採択されました。その最終年度は2020年のため、愛知目標に次ぐ国際的な目標(ポスト2020生物多様性枠組)が検討されており、2022年4月末に開催予定のCOP15第二部においての採択を目指しています。30by30は、そのなかでも主要な目標とされており、2030年までに陸域の30%と海域の30%の保全・保護を目指す取り組みです。「生物多様性のための30by30アライアンス」は、30by30の国内における取り組み加速を目的に環境省が独自に設けた枠組みです。国立公園などの保護地域のさらなる拡充・管理化のほか、保護地域外でも生物多様性保全に貢献する場所を増やしながら、30by30達成を目指すロードマップを策定しています。
※生物多様性条約第10回締約国会議

「生物多様性のための30by30アライアンス」 ロゴ「生物多様性のための30by30アライアンス」 ロゴ

WEBサイト:https://policies.env.go.jp/nature/biodiversity/30by30alliance/

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 旭化成ホームズ株式会社 >
  3. 旭化成ホームズ 環境省の「生物多様性のための30by30アライアンス」に参加