セールGPシーズン3 最初の8大会を発表

2022年5月にバミューダ大会で開幕するシーズン3には10カ国のチームが参加。新たにシカゴ、コペンハーゲン、ドバイに加え、ニュージーランドではクライストチャーチとオークランドが交互に大会を開催する4年契約が結ばれました

 

イギリス・ロンドン - 2021年12月7日
セールGPはシーズン3で、新たなチーム、シンボリックな開催都市により、世界で最もエキサイティングで、目的主導型のレースを実現させます。すでにシーズン2で何千人ものファンを魅了した開催地を含め、セールGPは世界的なスポーツ・イベントとしてさらに拡大を続けています。

 トップレベルのアスリートによるこのグローバルチャンピオンシップは、新たに2チームのフランチャイズチームを迎え入れました。カナダとスイスが、現在リーグ8チーム=オーストラリア、デンマーク、フランス、イギリス、日本、ニュージーランド、スペイン、アメリカに加わります。

セールGPシーズン3は10大会で構成され7大会が2022年に、残りの大会は2023年の第一四半期に開催され4月の最終戦で幕を閉じます。シーズンは2年連続でバミューダで開幕。ハミルトン・プリンセス提供のバミューダ・セールグランプリでスタートします。6月はセールGPの新開催地ジミー・スピットル率いるアメリカチームのホームである北米はシカゴのミシガン湖ネイビー・ピアで第二戦が開催されます。バミューダ大会とシカゴ大会はいずれも2年契約で、シーズン4でも開催が予定されています。

夏はヨーロッパで4大会を予定しています。7月下旬にイギリスを代表する海洋都市プリマス、9月には南フランスの美しいサントロペ、そして同月下旬にはスペインのアンダルシア地方カディスで開催されます。さらに、リーグはデンマークを再訪しますが、今回は首都コペンハーゲンでロックウール・デンマーク・セールグランプリが開催されます。2022年のレースは、11月11~12日、P&Oマリーナが提供するドバイ(アラブ首長国連邦)で開催されるセールGP初の中東大会で締めくくります。

シーズン3は2023年まで続き、ニュージーランド・メジャー・イベントとの4シーズンにわたるパートナーシップの一環としてニュージーランドでの大会が開催されます。シーズン3からシーズン6までのパートナーシップ契約により、クライストチャーチ市とオークランド市はセールGPの大会ホストをシェアし、毎年交代で大会を開催します。ピーター・バーリングとブレア・トゥーク率いるニュージーランド・セールGPチームにとって初めてのホームイベントとなります。 

シーズン3は、日本(J-Sports)、アメリカ(CBS Sports)、オーストラリア(Fox Sports)、ニュージーランド(Sky Sport)、デンマーク(TV2 Sport)、フランス(Canal+ Sport)、スペイン(RTVE and TV3)、イギリス/アイルランド(SKY Sports)、東南アジア(beIN SPORTS)など、175以上の地域でライブ放送されます。また、セールGPアプリを含むデジタルプラットフォームでもご覧いただけます。

気候変動に配慮した初のスポーツエンターテイメント・プロパティとして、セールGPは世界のイベント業界と協力し、より良い未来への取り組み『レース・フォー・ザ・フューチャー』に引き続き注力していきます。2019年の創設以来、セールGPは、カーボンフットプリントの測定、削減、貢献を行っており、2025年までに科学的根拠に基づいてカーボンフットプリントを55%削減するという野心的な目標を設定するとともに、2025年までに陸上および海上において自然の力だけを利用することを約束しています。

シーズン3のすべての開催都市は、セールGPの気候変動対策と、よりクリーンな未来へのコミットメントを共有しています。セールGPと開催都市の協力体制がさらに強化され、すべての開催都市がCDP(国際環境非営利団体)と協力してリーグの気候行動憲章に署名し、クリーンエネルギーへの影響や広範な海洋保全に焦点を当てたローカルインパクトプロジェクトに取り組むことになります。

海上でのエキサイティングなレースと並行し陸上でも競われるセールGPの先駆的な『インパクト・リーグ』がシーズン3でさらに強化されます。シーズン2で導入されたこのリーグは、各チームが大会期間中、二酸化炭素排出量の削減やスポーツにおける包括性を促進するなど、より良い未来のために行った積極的な活動を記録し、評価されます。シーズンの最終結果は、地球のために設けられたもう一つの表彰台で表彰され、順位に応じた賞金はチームの目的パートナー(日本の場合はA PLASTIC PLANET)へ活動資金として寄付されます。

シーズン3では、セールGPの『ベター・スポーツ戦略』の一環として、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包括性)にも引き続き焦点を当てます。セールGPは、女性アスリートに『ウィメンズ・パスウェイ・プログラム』の機会を提供し、シーズンを通してF50に搭乗してレースに参加することで、スポーツにおけるインクルージョンを促進し、変化を促します。また、セールGPでは、地域社会との関わりを強化する『セールGPインスパイア・プログラム』を活用し、さまざまなバックグラウンドを持つ若者にスポーツを通して海洋産業での貴重な経験を提供していきます。

セールGP/CEOラッセル・クーツのコメント
「ラリー・エリソンと私がセールGPのコンセプトを思いついたとき、私たちは、世界最高のアスリートたちが、超高速ハイテク艇でレースを行い、岸辺に近い場所でエキサイティングなアクションを繰り広げ、世界中のファンがこのスポーツを真に理解できるようなレギュラーシーズンを持つリーグを思い描いていました。私たちは5年後の目標を掲げましたが、シーズン3では、新たなフランチャイズ、2チームを含む10チームがスタートラインに立ち、大会開催地の拡大、商業および放送パートナーの充実、環境にポジティブな影響を与える目的、そして魅力的な放送とゲームの提供を通じた没入型のファン体験など、すでに多くの目標が達成されていることをとても嬉しく思います」

セールGPシーズン2は、今月12月17日と18日にシドニーで開催される第7戦『オーストラリア・セールグランプリPresented by KPMG』に続き、来年3月26日、27日にサンフランシスコで開催されるセールGPグランドファイナルで締めくくられます。

セールGP シーズン3スケジュール* 
第1戦 バミューダ大会(ハミルトン)2022年5月14日〜15日
第2戦 アメリカ大会(シカゴ)2022年6月18日〜19日
第3戦 イギリス大会(プリマス)2022年7月30日〜31日
第4戦デンマーク大会(コペンハーゲン)2022年8月19日〜20日
第5戦フランス大会(サントロペ)2022年9月10日〜11日
第6戦スペイン大会(カディス)2022年9月24日〜25日
第7戦ドバイ大会(ドバイ)2022年11月11日〜12日
第8戦ニュージーランド大会(クライストチャーチ)2023年
*シーズン3は2023年4月に終了する予定で少なくとも10大会予定されています。

◆お問い合わせ◆
ジャパン・セールGPチーム / 広報 渡部 雄貴(わたなべゆうき)
ywatanabe@sailgpjpn.com  +818029729195

セールGP日本語サイト
https://ja.sailgp.com/#l

Partners 

 

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. F50-League Japan 合同会社 >
  3. セールGPシーズン3 最初の8大会を発表