Filmarks調べ 12月上映映画 期待度ランキング発表

第1位に輝いたのは『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年12月上映映画 期待度ランキング」を発表しました。
【映画ファン注目!12月上映映画 期待度ランキング】

Filmarksでは12月劇場上映の映画作品を対象に、2016年11月25日時点でのFilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)を集計。Clip!数が多い作品20本を選出し、ランキング化しました。

■1位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(ディズニー)の評価・レビュー
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描いたアナザー・ストーリー。11,000件を超える圧倒的なClip!数を集めて堂々の1位。「予告を見ると、その映像クオリティに驚愕する。まるで自分が本当にスター・ウォーズの世界に生きているような感覚になる」「最高に興奮するのは間違いない」「映画予告みて興奮した!」とファンを中心に期待が高まっているようです。

■2位:『バイオハザード:ザ・ファイナル』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)の評価・レビュー
カプコンの人気ゲームを映画化したミラ・ジョヴォヴィッチ主演による人気アクション「バイオハザード」シリーズの最終作。ユーザーからは「このポスターめちゃくちゃかっこいい!」「バイオファンとしてみる!」といったレビューが寄せられています。タレントのローラさんが出演することでも注目が集まっています。

■3位:『幸せなひとりぼっち』(アンプラグド)の評価・レビュー
「笑って泣いて、ハートウォーミング。すごく好きな映画」「失われた感情を取り戻した」「この作品を観ていると、改めて「人は一人では生きていけない」ということを強く感じる」と試写鑑賞者からの満足度が高く、早くも★4.0(★5満点)という高評価を得ています。

■4位〜20位ランクイン作品一覧
4位:『アズミ・ハルコは行方不明』(ファントム・フィルム)
5位:『海賊とよばれた男』(東宝)
6位:『ヒトラーの忘れもの』(キノフィルムズ)
7位:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(東宝)
8位:『ドント・ブリーズ』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
9位:『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(ギャガ)
10位:『土竜の唄 香港狂騒曲』(東宝)
11位:『ヒッチコック/トリュフォー』(ロングライド)
12位:『スモーク』(アークエンタテインメント)
13位:『聖杯たちの騎士』(東京テアトル)
14位:『ワイルド わたしの中の獣』(ファインフィルムズ)
15位:『ストーンウォール』(アットエンタテインメント)
16位:『変態だ』(松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ)
17位:『ピートと秘密の友達』(ディズニー)
18位:『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(ファントム・フィルム)
19位:『若者のすべて』(アーク・フィルムズ、スターキャット)
20位:『TOMORROW パーマネントライフを探して』(セテラ・インターナショナル)

※本ランキング及び記事内のClip!数、★評価、レビューは2016年11月25日時点のものです。

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画トークを楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★評価、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社つみき
  3. Filmarks調べ 12月上映映画 期待度ランキング発表