村上農園、サンフレッチェ広島F.Cとクラブトップパートナー契約を締結

高成分野菜「ブロッコリー スーパースプラウト」の年間提供も

 株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴)は、広島市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ「サンフレッチェ広島F.C」とのクラブトップパートナー契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

 


クラブトップパートナー契約の概要 
 サンフレッチェ広島F.Cは、当社と同じく広島市を本拠地とし、ジュニア育成に重点を置いた運営方針は、野菜の新芽を大切に育み、それらに含まれる機能性成分よって人々の健康に寄与したいという当社の企業理念とも合致しているサッカーチームです。当社は機能性野菜のパイオニアとして“からだの健康”をつくる発芽野菜の普及活動と共に、スポーツを通じた“こころの健康”づくりにも微力ながら貢献したいと考え、今回のクラブトップパートナー契約の締結に至りました。
 当社は、地域の皆様やサポーターの皆様と一体となってサンフレッチェ広島F.Cのさらなる活躍を応援していきます。

[2020年シーズン クラブトップパートナー主な内容]
1.選手トレーニングウェア、育成コーチウェアへのロゴ掲載
2.フィールド看板、メインスタンド上部へのロゴ掲載
3. フォリアカップの冠協賛


ブロッコリー スーパースプラウトの年間提供 
 当社のブロッコリー スーパースプラウトは、有用成分「スルフォラファン」を成熟ブロッコリーの20倍以上(428mg/100g)含む高成分野菜です。当社は、このブロッコリー スーパースプラウトをトップチームおよびユースチームに提供することを通じ、選手達の日々のコンディショニングを食事面からサポートしたいと考えています。

ブロッコリー スーパースプラウトブロッコリー スーパースプラウト


代表取締役社長 村上清貴のコメント  
 今シーズンは新型コロナウイルスの影響で、Jリーグの公式戦再開の目処が立たない状況が続いていました。1日でも早いJリーグ再開への願いと、サンフレッチェ広島の力で地元広島に活力を与えてほしいという思いから、この度パートナー契約を締結させていただきました。
 また当社では、2019シーズンからトップチームとユースチームへ、抗酸化力をサポートする「ブロッコリー スーパースプラウト」の年間提供を行っています。ここ広島からトップ選手の新たな芽が育ってほしいという願いを込めて、今後も引き続きブロッコリー スーパースプラウトを提供いたします。


村上農園 会社概要
設立  1978年1月
代表者  代表取締役社長 村上清貴
売上  107億1,900万円(2019年12月期)
事業内容  スプラウト、豆苗(とうみょう)、かいわれ大根など発芽野菜と高成分野菜の生産・販売
事業所  本社・研究開発部(広島)、生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)、営業所(東京、名古屋、大阪、広島)
関連会社  株式会社沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)
ウェブサイト  https://www.murakamifarm.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 村上農園 >
  3. 村上農園、サンフレッチェ広島F.Cとクラブトップパートナー契約を締結