マルチブック、新代表取締役CEOに渡部学が就任

クラウドERP事業を展開する株式会社マルチブック(本社:東京都品川区、以下当社)は、現在同社取締役CFOの渡部学(わたべまなぶ)が代表取締役CEOに就任したことをお知らせいたします。

■選任の背景

当社のクラウドERP「multibook」は、2016年の本格サービス開始以来、「低コスト」「見える化・業務効率化」「内部統制・不正防止」の三つをコンセプトとして開発・販売を進め、現在、上場企業を含む約220社を超えるお客様に利用いただけるサービスに成長しました。この度行われるSAPコンサルティング事業の会社分割を経て、2021年7月1日には「海外経営への挑戦をもっと身近に、もっと簡単に」をミッションと定める、多言語のクラウド会計・ERPサービス専業の新しい経営体制に移行します。

この海外拠点に向けたクラウドサービス事業を推進していく上で、当社の競争力の源泉であるクラウドシステムの技術力に加え、海外経営の実践力をクラウドサービスに加えることで当社のサービスを強化し、より一層成長を加速させていく必要性を強く認識しておりました。

この度、これまで日本・欧米の上場企業をはじめとした事業会社における事業経営の経験が豊富な渡部学を代表取締役CEOとして選任します。

渡部学は以下のようにコメントしています。
「株式会社マルチブックの代表取締役CEOに就任することを大変光栄に思っています。今、コロナのその先を見据え、日本企業における海外グループ企業に対するデータマネジメント強化の流れが強くなり、データを活用して経営環境を大きく力強く変革させる期待を感じております。この大きな期待に応えるべく、新しいマルチブック全社員一丸となって、クライアントの海外におけるデータレバレッジ経営へのサービス向上に努力いたす所存でございます。」

新代表取締役CEOの略歴
渡部学(わたべ まなぶ)


日系半導体専門商社と外資系医療機器製造業等において、十数年にわたりファイナンス部門やコーポレートIT部門で活躍。マルチブック入社以前は香港を拠点としたアジアパシフィック地域における財務統括の運営や欧米の外資系企業のCFO等を務めクロスボーダーのビジネス経験を有する。2019年にマルチブック社に入社してCFO兼管理本部長として上場準備、資金調達を含むSAPコンサルティング事業とマルチブッククラウド事業の価値向上に取り組む。青山学院大学大学院国際マネジメント研究科卒(MBA)

 


■ クラウド会計・ERP「multibook」とは
海外拠点管理のあらゆる課題を解決する多言語対応のクラウド会計・ERPサービスです。
既に25か国・200社を超えるお客様にご利用頂いております。
多言語(※1)、多通貨、複数帳簿、各国税務要件、商習慣にも対応で、会計/ロジスティクス/IFRS16号リース資産/固定資産/立替金精算の管理機能を有します。日本本社からは海外現地法人の会計、在庫等経営管理情報を日本語、日本円、本社勘定科目でタイムリーに確認でき、海外現地法人からの報告業務の効率化、不正対策にも効果を発揮し、最短2週間での導入も可能です。

※1 対応言語:日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ミャンマー語、中国語(繁体字・簡体字)

製品ホームページ URL:https://www.multibook.jp/


当社会社概要
商号  :株式会社マルチブック
代表者 :代表取締役 渡部学
所在地 :〒141-0031 東京都品川区西五反田1-1-8 NMF五反田駅前ビル5階
設立  : 2000年9月
事業内容: クラウド型グローバルERPシステムの開発・販売
海外拠点: フィリピン、シンガポール、タイ、香港、ドイツ、オランダ、アメリカ
資本金 : 8,500万円
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マルチブック >
  3. マルチブック、新代表取締役CEOに渡部学が就任