Plug and Play Japan、アクセラレーションプログラム Summer/Fall 2019 Batch(バッチ)で国内外のスタートアップ69社を採択

Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)は、2019年6月〜9月期で実施するアクセラレーションプログラム のSummer/Fall 2019 Batch(バッチ)で5テーマ(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility、Brand & Retail)において、公式パートナーである大手国内企業29社と共に国内外合計69社のスタートアップを採択いたしました。
(English follows Japanese)


※アクセラレーションプログラムとは
大手企業がスタートアップと協業・出資などを目的とし、オープンイノベーションの一環として期間限定で行われるプログラム。
※Batch(バッチ)とは
「ひとかたまり」や「一区切り」という意味。
大きいかまどで“一括り”で小さいパンをいくつも焼く、というところからこの“一括り”をBatchと呼ぶ。Plug and Play では12週間を一つのBatch として年に2回プログラムを実施。

Summer/Fall 2019 Batch では、新しいテーマとしてBrand & Retail プログラムが開始となります。
3ヶ月に及ぶ選考プロセスを経て、今回は5テーマで69社のスタートアップを採択することになりました。

Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。

2018年11月〜2019年3月期に実施したアクセラレーションプログラム 「Batch 2」では、 4業界(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility)において、公式パートナーである国内大手企業22社と共に、国内外併せて59社のスタートアップを支援しました。成果発表会であるEXPO(一般的にDemo Dayと呼ばれるもの)では、2日間を通して53社のスタートアップが3ヶ月間の成果を発表、1,533名が参加しました。
今回のSummer/Fall 2019 Batch で採択されたスタートアップは下記の通りになります。

 

また、2019年9月18日(水)・19日(木)の2日間に渡って、今回のSummer/Fall 2019 Batchの3ヶ月間の成果を発表するDemo Day、Summit(サミット)を開催いたします。


[ 報道機関向けラウンドテーブルを実施します ]
2018年11月〜2019年3月期で実施したBatch 2のオープンイノベーションの成果について、また採択されたスタートアップについて、新しいパートナー企業になぜPlug and Play のプログラムに参画されたのかをお話いただく場としてラウンドテーブルを開催いたします。
■ 日時:6月13日(木)12:00 - 13:30 ※軽食をご用意しております
■ 場所:渋谷ソラスタコンファレンス(https://shibuya.infield95.com/access/
〒150-0043東京都渋谷区道玄坂 一丁目21番1号 渋谷ソラスタ 4階
最寄駅:
JR各線「渋谷」駅 西口より徒歩6分
※渋谷マークシティ出口より徒歩2分
京王井の頭線「神泉」駅 より徒歩4分

参加を希望される報道機関の方は、お手数ですが担当までお問い合わせください。

[ Plug and Play が提供するアクセラレーションプログラムとは ]
Plug and Play Japan コーポレートパートナー企業とともに、業界などの“テーマ”を主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していく約3ヶ月のプログラムです。
スタートアップはこのプログラムを通じて、複数のコーポレートパートナーのリソースを活用でき、幅広く多数の大企業との連携の機会を得られます。また、グローバル展開を目指すスタートアップは本社Plug and Play のメンターによるメンタリングやシリコンバレーでのピッチの機会、グローバルマーケットへのアクセスも可能です。プログラムに採択されたスタートアップには、東京渋谷に位置する当オフィスのコワーキングスペースを期間中無償で利用することができます。スタートアップにとって、プログラム期間中の本来の事業成長へ集中できる環境づくりをPlug and Play Japan は全力でサポートします。

また、企業パートナーはプログラムへの参加を通じ、厳選された国内外スタートアップとの個別面談、ネットワーキング、ディールフローセッション(ビジネスマッチング)等の機会が提供されます。
コワーキングスペース兼イベントスペースである、Plug and Play Shibuya を起点として、大企業とスタートアップが混ざり合うコミュニティ作りを行なっています。アクセラレーションプログラムや多数のイベント開催を通じて、日本でもスタートアップ・エコシステムを形成していきます。

[ Plug and Play Japan のコーポレートパートナー (2019年6月3日現在29社)]



Plug and Play について
Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。
毎年50を超えるアクセレータープログラムを実施し、300社超の企業へイノベーションを提供する、投資案件数ではシリコンバレーで最も活発なベンチャーキャピタルです。2006年の創立から、私たちは 2,000 社を超える企業をアクセラレートし、70億ドルを超える資金調達を達成しています。また、サニーベールの本社には年間を通して500 社以上のスタートアップが入居しています。

昨年2018年はプログラムを通じて、米国本社では560社以上の、グローバルでは1,100社を超えるスタートアップを支援し、222社への投資を実施しました。現在は Guardant Health、Honey、Soundhound、Zoosk 等を含めた 750 社のアクティブな ポートフォリオ企業を所有しています。

エグジットの成功例としては、Dropbox(時価総額110 億ドルでの IPO)、PayPal(Ebay により買収)、Vudu(Walmart により買収)、Danger と Powerset(Microsoft により買収)、Lending Club (時価総額90 億ドルでの IPO)、直近ではGuardant Health(時価総額16億ドルでのIPO)などがあります。
現在、全世界に14ヶ国30 拠点を構え、Plug and Play Japan はその日本支社として、2017年7月に設立されました。

会社概要
名称    Plug and Play Japan株式会社
所在地   〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル2F代表者   
代表取締役社長  ヴィンセント・フィリップ
URL    http://japan.plugandplaytechcenter.com/
設立年月日 2017年7月14日

---------------------------------------------------
Plug and Play Japan has selected 69 domestic/overseas startups for Summer/Fall 2019 Batch

Plug and Play Japan KK (Japan office: Shibuya-ku, Tokyo, Representative: Phillip Vincent, Hereinafter called; Plug and Play Japan) has selected 69 startups in 5 verticals (IoT, Fintech, Insurtech, Mobility and Brand & Retail ) together with 29 large domestic corporate companies for the Summer/Fall 2019 Batch acceleration program, which will be carried out from June 2019 to September 2019.

Plug and Play is the world’s leading global venture capital/accelerator which supports startups with innovative ideas and technologies together with large corporations. Plug and Play Japan was incorporated in July 2017 as a base of business development in Japan. Former acceleration program, “Batch 2”, we supported 59 domestic and overseas startups together with 22 large domestic corporate companies as official partners.
In the EXPO, which is the achievement presentation (commonly called Demo Day), 53 startups announced the results for 3 months through 2 days, 1,533 people participated.
The startups that have been selected for Summer/Fall 2019 Batch are as follows;

 

Also, we will hold Summer/Fall 2019 Batch Summit (former called EXPO) on September 18th (Wed) and 19th (Thu) to announce the result of the 3-month program,  Summer/Fall 2019 Batch.

What is the “acceleration program” that Plug and Play provides
It refers to a 3-month program (this unit is called “Batch”) to provide support for domestic and overseas startups develop globally, focusing on 5 verticals (IoT, Fintech, Insurtech, Mobility, and Brand & Retail) together with official partners of Plug and Play Japan.

Startups have access to official partner resources and opportunities to collaborate with a wide range of large corporate companies. Additionally, startups interested in developing their business globally have the opportunity to work with our Silicon Valley mentors, including pitching their ideas at our headquarters and access to the global market.  The startups that are selected for the program can also use our co-working space at our Shibuya office in Tokyo for free during the program period. We try our best to create a supportive environment for startups to focus on their business development during the program.

Participating corporate partners are provided with opportunities such as one-on-one meetings, deal flow sessions (business matching) and networking with strictly selected domestic and overseas startups.

We accelerate the community by building communication between startups and large corporate companies using Plug and Play Shibuya, the event and co-working space. We will also create the startup ecosystem in Japan through our acceleration program and events.

[ Our Corporate Partners (as of June 3rd, 2019)]



About Plug and Play
Plug and Play is a global innovation platform. Headquartered in Silicon Valley, they have built accelerator programs, corporate innovation services, and an in-house VC to make technological advancement progress faster than ever before. Since inception in 2006, their programs have expanded worldwide to include a presence in over 20 locations globally giving startups the necessary resources to succeed in Silicon Valley and beyond. With over 6,000 startups and 300+ official corporate partners, they have created the ultimate startup ecosystem in many industries. They provide active investments with 200 leading Silicon Valley VCs, and host more than 700 networking events per year. Companies in their community have raised over $7 billion in funding, with successful portfolio exits including Guardant Health, Danger, Dropbox, Lending Club, and PayPal. For more information, visit http://plugandplaytechcenter.com

Corporate overview
Name                    Plug and Play Japan KK
Address                〒150-0043 Shibuya Dogenzaka Tokyu building 1F, 1-8-10, Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo
Representative     Phillip Vicent
URL                      http://japan.plugandplaytechcenter.com/
Establishment      July 14th, 2017
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Plug and Play Japan株式会社 >
  3. Plug and Play Japan、アクセラレーションプログラム Summer/Fall 2019 Batch(バッチ)で国内外のスタートアップ69社を採択