ハードモビリティベンチャーのglafit株式会社がISO9001:2015の認証を取得しました

ハードモビリティベンチャーのglafit株式会社(グラフィット、本社:和歌山県和歌山市、代表取締役:鳴海禎造、以下glafit)は、株式会社マネジメントシステム評価センター(所在地:東京都港区、代表取締役社長:藤井 信二、略称:MSA)による、顧客に提供する製品・サービスの品質を継続的に向上させていくことを目的とした国際規格「ISO9001:2015」の認証を、2021年 4月26日付で取得しました。
 glafitは、電動モビリティの開発、 製造、 販売、 カスタマーサービスまで一貫して手掛けるハードモビリティベンチャーとして、2017年の設立以降、「移動をエンターテイメントに変え、人々の生活を豊かにする」ことを経営理念とし、ハイブリッドバイクGFRシリーズや、X-SCOOTER LOMの開発、製造を行っています。
 ISO9001の取得を目指し、方針や目標の設定、マニュアルの作成、社内教育、ISO9001の運用、などを2019年から約2年をかけ着実に実施し、この度の認証取得となりました。
 今後も、関連する法令・規制要求事項を遵守し、品質マネジメントシステムの改善を継続的に行いながら、品質向上を目指し、皆様にご満足いただけるようなモビリティの提供に努めて参ります。
 
  • ISO9001:2015認証について
ISO9001:2015は、顧客に提供する製品・サービスの品質を継続的に向上させていくことを目的とした国際規格です。
参考:https://www.jab.or.jp/iso/iso_9001/
 
  • ISO9001:2015 取得概要

 適用規格:JIS Q 9001:2015 (ISO 9001:2015)
認証登録番号:MSA-QS-4748
認証取得日:2021年4月26日
認証内容:電動モビリティの設計、開発及び生産管理
審査登録機関:株式会社マネジメントシステム評価センター
​認定機関:​財団法人日本適合性認定協会

  • glafitの提供するモビリティについて

 【ハイブリッドバイクGFR-02】
ハイブリッドバイクGFR-02は、自転車のような見た目のとおりペダルを漕いで走行も可能であり、またスロットルを軽く廻すだけで電動バイクとして加速感を体感しながらスピーディーに移動できます。
歩くには少し遠いが、車や電車移動する程ではない「ちょっとそこまで」の近距離移動に最適な電動バイクです。現在開発中のモビチェンを取り付け後は、日本初の自転車と電動バイクという2つの車両区分の切り替えが認められる状態になり、「バイクの電源をOFFにし、ナンバープレートを覆った時は道路交通法上、普通自転車」として取扱いされるようになります。
https://glafit.com/products/GFR/GFR-02/
 

【X-SCOOTER LOM】
第⼀種原動機付⾃転⾞にあたるLOMは、ステップに跨り⽴ち乗りで運転する電動スクーターです。ライディング感覚はバイクのようでもあり、スキーのようでもある、新しい乗り⼼地を体験することができます。
前輪12インチ、後輪10インチの電動バイク⽤タイヤをセットすることで、通常の電動キックボードに比べ、⾛⾏にバツグンの安定性と操作性を実現しました。また、段差や⽯畳みなどのデコボコ道にも対応できるタフさを備えています。
現在一般販売に向けて準備中です。
https://glafit.com/products/LOM/
 

  • glafitについて

glafitは開発、製造、販売、カスタマーサービスまで一貫して手掛ける、和歌山発のハードモビリティベンチャーです。移動をエンターテインメントに変え、人々の生活をより豊かにしてまいります。
「移動を、タノシメ!」をスローガンに掲げ、皆さんに新しい移動体験をお届けするモビリティを開発提供していきます。
 

  • glafit株式会社の概要

所在地:和歌山県和歌山市出島36-1
代表者:代表取締役 鳴海 禎造
資本金:2.7億円(準備金含む)
社員数:15名(令和3年1月1日現在)
設立年月日:2017年9月1日
WEBサイト:https://glafit.com/

【本件に関する報道問い合わせ先】
glafit株式会社 
広報担当:安藤
〒640-8032 和歌山県和歌山市出島36-1
Email:pr@glafit.com
 

  1. プレスリリース >
  2. glafit >
  3. ハードモビリティベンチャーのglafit株式会社がISO9001:2015の認証を取得しました