コロナ禍でも“観光関連事業”を急成長させた企業として、Tokyo Creative代表取締役 中川智博が杏林大学にてゲスト講師として登壇

~自身の経験をもとに生み出したアイデア発想方法や思考術を学生に紹介~

 地域の観光戦略を日本人・外国人の両目線で⽴案・企画・実⾏するTokyo Creative株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役:中川智博・小野沢隆、https://www.tokyocreative.jp/ja/ )の代表取締役 中川智博は、2021年12月22日に、杏林大学(所在地:東京都三鷹市、学長:大瀧純一)外国語学部観光交流文化学科の専門必修科目で、コロナ禍で落ち込む観光業において重要とされる“今後を見通す力の付け方”をテーマに、ゲスト講師として登壇しました。

 

 
  • 登壇の背景
 本授業の目的は、現代社会における課題や流行を察知し、それに対する「観光」が果たす役割や取り入れ方について、長期的、かつ広い視点で考え学ぶことにあります。“観光業=旅行代理店・エアライン・ホテルへの就職”という固定概念から解放し、観光業の可能性の広さや、さまざまなアプローチ方法を知ることで、今後のキャリアを考えるきっかけとなることを目指しています。
 中川自身は現在に至るまでさまざまなキャリアを積んでおり、それらで学んだアイデア発想方法や思考術によって生み出した、コロナ禍でも成長を続けるTokyo Creativeの事業モデルなどについても紹介しました。
 
  • 参加した学生さんからのコメント(一部抜粋)
・今回の講義を聞いて特に印象に残っていることは、コロナ禍でインバウンドが 99 %減少したにも関わらず会社としては黒字だったということだった。今年はどの観光関連産業も苦しい状況にあるのだと思っていた。だから、この話を聞いたときは驚いたと同時に興味が沸いた。

・日本にはまだまだ発掘されるべき観光的魅力が隠されていることに改めて気付かされた。また、その隠れている観光資源を世界に広めるために、中川様の会社でされている SNSを利用した誘致の手助けが、その発掘に非常に大きな役割を果たしているのだと感じた。

・これまでの講義を通して、観光の幅の広さを感じた。大学に入学する前に考えていた観光の幅の広さの何倍にもなっている。中川様が最後におっしゃっていた「観光は人によって見かたや感じ方が違うから沢山の魅力がある」この言葉を聞いて、観光はこれからもっと新しい魅力を生み出していくと考える。

・コロナでインバウンドが減っているけれど、それを他のことに活かせるのではないかという発想は、何か無理なことがあっても諦めずに、違った視点で見てみれば何か新しい道が開けるかもしれないというヒントになりました。

・「具体と抽象」のお話は目からうろこだった。「サッカーが好き」を「チームプレイが好き」という解釈に広げられるような力は今の私にはない。しかし、この考え方は限定的な興味や得意なことを、広義一般化するのに使えるので今後、練習して、自己分析に使っていこうと思う。
 
  • 登壇者プロフィール
中川 智博(なかがわ・ともひろ)
1987年4月9日(34歳)、滋賀県出身
2011年同志社大学文化情報学部卒業後、複数社を経て、2018年5月Tokyo Creative入社。2020 年10月30日レッドホースコーポレーショングループへTokyo Creativeが参画し、同社代表取締役に就任。
YouTubeなどを活用したデジタルマーケティングを得意とし、訪日外国人観光客を集客手法についての講演も全国で行い、インバウンドに関するノウハウの啓蒙活動も実施。これまで自治体、DMO、企業の海外デジタルマーケティングを100社以上支援しており、観光・デジタルマーケティングに関連する講演は、外務省、新潟市、三重大学、川村女子大学、杏林大学等他多数で実績あり。観光庁「インバウンドの地方誘客促進のための専門家」として登録。その他にも観光庁「世界水準のDMO形成促進事業」における外部専門人材認定や、農林水産省が推進する「農泊地域課題解決の専門家」、東京観光財団運営「観光まちづくりアドバイザー」など精力的に活動。
2022年1月よりレッドホースコーポレーションの社外取締役就任。
 
  • Tokyo Creativeとは                   

 地方自治体やDMOの観光戦略を日本人・外国人の“両目線”で⽴案・企画・実⾏をするデジタルマーケティングの企業です。これまで100社を超える地方自治体や企業などのサポートで培ってきたノウハウと、自社で抱えている日本最大級である在日外国人インフルエンサーに紐づく約1,700万人の日本好き外国人コミュニティを活用し、成果につながる支援を可能にしています。
 
  • 会社概要

社名  :Tokyo Creative株式会社(トウキョウ・クリエイティブ)
設立  :2013年8月
代表者 :代表取締役 中川智博・小野沢隆
所在地 :東京都墨田区横綱1-10-5 KOKUGIKAN FRONT BUILDING レッドホースコーポレーション株式会社内
資本金 :9,000万円
URL  :https://www.tokyocreative.jp/ja/
事業内容:訪日インバウンド集客事業、訪日インバウンド関連事業、タレントマネジメント事業
お問合せ:info@tokyocreative.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tokyo Creative株式会社 >
  3. コロナ禍でも“観光関連事業”を急成長させた企業として、Tokyo Creative代表取締役 中川智博が杏林大学にてゲスト講師として登壇