プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

三菱UFJ信託銀行株式会社
会社概要

約1400人のデータを基に商品開発 廃棄食材から生まれたサステナブルビール4種類が販売開始

三菱UFJ信託銀行「Dprime Lab」×AJB Co.プロジェクト 第2弾は伝統技術×データ活用 日本各地の伝統工芸品をパーソナライズ化

三菱UFJ信託銀行株式会社

三菱UFJ信託銀行株式会社(取締役社長 長島 巌(ながしまいわお)が提供するDprime Labのプロジェクト第一弾である、廃棄食材を活用したサステナブルビール「WASTE 2 BEER」が完成いたしました。Dprime Labは、2022年4月6日(水)にローンチしたパーソナルデータを管理・運用する情報銀行サービス「Dprime」において、個人ユーザーがデータ提供により、企業と社会課題解決に資する商品を共創するプロジェクトです。本商品は、10月14日より販売を開始いたします。

 









 

  • 廃棄食材を活用したクラフトビール「WASTE 2 BEER」完成
同サービスを通じて個人ユーザーから提供される多様なデータをもとにクラフトビールの開発に挑戦。 2022年8月、Dprimeのデータから聞こえてくるお客様の声をもとに、4種類の廃棄予定食材を使ったビール・パイロット版を作成。そして2022年10月、ユーザーデータを活用し、フードロス削減にも貢献する「WASTE 2 BEER」が完成しました。
今回、4種類のクラフトビールの材料は、グレープフルーツジュース、グレープフルーツピール、カカオハスク、パイナップルジュースです。
  • 三菱UFJ信託銀行×AJB Co. 開発背景
第一弾のプロジェクトは、生活者の味覚や嗜好に合わせた商品開発をしたいというDprimeと、人々のフィードバックを得てよりおいしいビールを作りながら、食品廃棄などのフードロスの認識を広めたいというAJB Co. の情熱が重なりスタートいたしました。今回は、従来の年齢・性別といった切り口での分類ではなく、「クラフトビールへの嗜好度」「好きなお酒の味とライフスタイル」「フードロスへの関心度」といった豊富なデータを持つ情報銀行ならではの切り口で、個人ユーザーに最適化された味を目指して開発を始めました。

試作を続け、2022年8月にはビール・プロトタイプが完成。そこからさらにデータから聞こえるお客様の声を聞いて、ついに2022年10月、4種類の「WASTE 2 BEER」が完成いたしました。AJB Co.のリヴシー絵美子さんはこのプロジェクトを振り返って、「生活者の方々にアンケートを答えていただくところから商品が出来上がるとことまでのワクワクを一緒に共有できることが嬉しい」と語っています。
 
  • プロジェクトの3つの成果(プロジェクト参画者へのアンケート結果)

 

​①参画者のうち85%がクラフトビールの購入意向度上昇
本プロジェクトには、クラフトビールをあまり飲んでいなかった方やビールが苦手な方にも多く参加いただきました。その結果、参画者の85%が、自身のデータを参考にクラフトビールが作られたというを体験を通して、クラフトビールへの興味関心や購入意向度が上昇したと回答しました。




②フードロスへの関心度が高まった

本プロジェクトへの参画・試飲を通じて、参画者の93%が、廃棄予定食材を使った商品に対しての興味や関心が向上したという結果が得られました。また、フードロス防止商品を積極的に選択したいと考える参画者は26%増加しました。





③廃棄食材650Kgをアップサイクル
今回開発した『我』には「ダンデライオン・チョコレート」で加工の際に廃棄予定だったカカオハスク50Kgを使用しています。「実」で使用したパイナップルジュース250Kgは、沖縄県の農家の廃棄予定パイナップルを活用いたしました。
 
  • 「 WASTE 2 BEER 」もらえるキャンペーン

 

Dprimeユーザー限定で、「WASTE 2 BEER」を抽選でプレゼントするキャンペーンを10/25迄実施中!Dprime内のクイズオファー(右図)に応諾にて応募可能ですので、ぜひご参加ください。
  • 新プロジェクトも始動

DprimeLab第二弾として、二つのプロジェクトを10/14より開始。

①伝統技術×データで共創する最高のグラス・酒器等の開発
https://www.dprime-mutb.jp/lab/02/
②ロスフラワー×データで創る癒しのオフィスアイテム開発
https://www.dprime-mutb.jp/lab/03/

両プロジェクトとも、Dprimeアプリから参画可能ですので、
下記参画方法から、ぜひご参加ください。
  • 「Dprime Lab」について
■「Dprime Lab」に関して
「Dprime Lab」とは、「Dprimeアプリ」をご利用の個人ユーザー様と企業が共に、社会課題解決に向けた商品・サービスを創るプロジェクトです。現在国内国外問わず、多くの社会課題が存在しています。2015年には、さまざまな社会課題解決に向けて国連からSDGsが発表されました。そこで社会課題解決に向けて「Dprime」では、データ活用によってお互いに利益を得ながら、社会課題解決に貢献できるようなサービスを提供したいという想いから「Dprime Lab」を立ち上げました。
企業は、Dprime Labを通して、ユーザー視点での商品・サービスを生み出せるだけでなく、その商品・サービスが持つ社会的な意味・想いをユーザーと共有することが可能となります。
今後も三菱UFJ信託銀行は、信託機能と新しいテクノロジーの積極的な活用を通じて、様々な社会課題の解決に貢献してまいります。

■プロジェクトへの参加方法

①下記リンクからDprimeアプリをダウンロード。
②あなたのデータを登録する。
③「新商品開発」タブのオファーに応諾する。
・iOS store URL
https://apps.apple.com/jp/app/dprime-%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%92%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%88%E3%81%86/id1438486319

・Android store URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mufg.tr.dprime
 
  • Dprimeとは

アプリに登録したデータを企業・団体等に渡すことで、個人ユーザーは様々な特典が受けられることはもちろん、自身のデータを通じて、社会課題解決に向けた商品・取組等を応援することができるサービスです。
登録したデータを渡す企業・団体等は、自分の意思で選べることはもちろん、氏名・連絡先等といった個人特定可能なデータは企業・団体等へはお渡しせず、分析等に必要なデータのみお渡しする仕組みです。
企業・団体等は、個人から提供されたデータを活用し、社会課題解決に向けた商品・取組等に生活者の声を取り入れることで、より質の高いサービスを提供することが可能となります。Dprimeは、顧客へのプライバシーを保護しながら、個人ユーザーと企業・団体等とのデータによる共創を通じて、社会課題解決に向けた取組へ貢献していきます。
 
  • 担当者コメント

三菱UFJ信託銀行株式会社 Dprime担当 中田優心
皆さんの味覚や好みに寄り添った商品作りがしたいと、Dprime Labというプロジェクトを立ち上げました。
実際に集まったデータを分析すると、多くの人の希望を叶えることの難しさを実感しました。ただ、パイロット版を飲んでいただいた方から「ビールが苦手だったが、ビールが好きになった」等、またフードロス防止商品への購入意向が上昇する等のアンケート結果が得られました。それらから、参画いただいたユーザー・AJBさん双方に価値のあるプロジェクトになったのではないかと思っております。



 

AJB Co. 創業者 開発担当 トーマス リヴシー・リヴシー 絵美子
はじめはデータからどのようなものが作れるのかイメージが湧いてませんでした。
しかし今回のプロジェクトで様々な方に興味を持って頂き、普段ビールを飲まない方の意見を頂いたり、データからどんな人がどんな味を好むのか分析できたり、非常にエキサイティングな開発となりました。また廃棄予定作物を探す工程において新しいパートナーさんとのつながりもできました。
Dprimeはいままでの企業活動では実現できなかったことを実現できるツールだと実感しました。
 
  • AJB Co.について
AJB Co.の歴史は2014年1月、良質な温泉とパウダースノーで有名な長野県野沢温泉村の中心『大湯』の前に、タップルーム里武士とその裏の300Lのパイロットブルワリーのオープンと共に始まりました。創業者のトーマス・リヴシーは、荘厳な大自然と村の人々の暖かさに惚れ込みこの地を選びました。
ビール造りにおいて一切妥協せず、スタイルにこだわらない、挑戦的なビールを作り続けることに情熱を注いでいる。IPAなどの人気なスタイルはもちろんのこと、サワービールや木樽での熟成ビールなど型にこだわらず自分たちのスタイルを貫き、ダイナミックでチャレンジングなビールを造り続けている。2022年4月には横浜・馬車道にクラフトビール醸造所・蒸留所・飲食店を統合した新拠点『里武士・馬車道』を開業し、更に実験的なレシピ開発やクリエイティブで唯一無二の商品作りへの挑戦を続ける。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

三菱UFJ信託銀行株式会社のプレスキットを見る

会社概要

三菱UFJ信託銀行株式会社

34フォロワー

RSS
URL
https://www.tr.mufg.jp/
業種
金融・保険業
本社所在地
東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
電話番号
03-3212-1211
代表者名
長島 巌
上場
未上場
資本金
-
設立
1927年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード