【400F】金融サービス仲介業の登録完了並びに"オンライン・アドバイザー"事業開始のお知らせ

楽天証券との業務委託契約を締結し事業開始予定

お⾦の健康診断を提供する株式会社400Fは、⾦融サービス仲介業の登録完了と共に、楽天証券との業務提携契約を締結し"オンライン・アドバイザー"業務を開始予定


お⾦のマッチングプラットフォーム「お⾦の健康診断」を運営する株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ、本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:中村 仁、以下「400F」)は、この度⾦融サービス仲介業の登録を完了いたしました。今回登録する分野は有価証券の売買の取次、媒介、投資一任契約の媒介業務になります。

また、事業開始に当たり楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑ 楠 雄治、以下「楽天証券」)と金融サービス仲介業に係る業務委託契約を締結しました。400Fは、2021年4月より楽天証券と連携し、「お⾦の健康診断 for 楽天証券」の提供を⾏い、お⾦に関して悩んでいるユーザーと楽天証券と業務委託契約を結んでいる⾦融商品仲介事業者(以下「IFA」)とのマッチングサービスを展開しております。

⾦融サービス仲介業に登録することで400Fは"オンライン・アドバイザー"の提供をユーザーに開始してまいります。"オンライン・アドバイザー"は、チャットやビデオ会議システムなどを通し、楽天証券の商品・サービスを活用した資産形成アドバイスをユーザーに提供するサービスで、取引にかかる手数料は、外務員ライセンスを持つ営業担当者から直接アドバイスを受けられるにも関わらず、ネット口座のものと同水準を予定しています。

このサービスの実現によってネットを使って自己判断だけでは銘柄選びや変動する市場の中で不安を覚えるユーザーに対して、親⾝に寄り添った丁寧なサポートが実現できます。また資産形成層は対⾯⾦融機関への訪問などを含めた⾯前でのサポートを⼗分に受けられていない中で、"オンライン・アドバイザー"は営業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現し、完全デジタル対応であるにも関わらず⼈による丁寧なサポートも受けられる特徴があります。

⽇本は貯蓄から資産形成が社会的な課題となっており、NISAやiDeCoなど資産形成層にとって魅⼒的な制度が誕⽣しています。そういった中でもアドバイスを受けられないことで資産形成に対して⼆の⾜を踏んでいる⽅も多くいらっしゃいます。今回の⾦融サービス仲介業の登録と"オンライン・アドバイザー"の開始により、より多くの資産形成層が資産運⽤に⼀歩踏み出し⽼後の不安を解消できるように事業に取り組んでまいります。
 
  • ⾦融サービス仲介業に登録する背景について

2018年11⽉に開始したお⾦の健康診断はこれまで数多くのお客様に登録していただき、同プラットフォームに登録しているお⾦の専⾨家(IFA・保険募集⼈・ファイナンシャルプランナーなど)にマッチングをしてきました。

そういった中で各業界で顧客対応に特性があり、必ずしも全てのお客様にアドバイスを届けることができない状況でした。今回金融サービス仲介業の登録を受けることで、IFAが主に対象とする富裕層ではなく積み⽴て投資などを中⼼とする資産形成層に対してネットでのアドバイスを提供する"オンライン・アドバイザー"業務を開始します。

"オンライン・アドバイザー"は、ネット口座の手数料体系と同水準であるにも関わらず、チャットやビデオ会議を通して外務員ライセンスを持つ営業担当者とやりとりを⾏ってアドバイスを受け取ることができます。これによりネットでの自己完結でもなく、対⾯前提でもない新しいタイプのアドバイスをお客様に届けることができます。

デジタル・トランスフォーメーションが推進される⽇本において、貯蓄から資産形成をさらに促すためにも"オンライン・アドバイザー"という新しい可能性を⽇本に普及させてまいります。
 
  • ⾦融サービス仲介業とは?

1つのライセンスで「銀⾏・証券・保険」すべての分野の⾦融サービスをワンストップで仲介可能とする新たな業種を創設することを⽬的に、2020年6⽉に⾦融商品販売法が「⾦融サービスの提供に関する法律」(⾦融サービス提供法)に改正され、「⾦融サービス仲介業」が定められました。⾦融機関への所属制をとらないことにより、より利⽤者視点に⽴った⾦融サービス提供の可能性も広がります。⾦融サービス仲介業により、利⽤者・⾦融サービス仲介業者・⾦融機関での「三⽅良し」となるサービス提供への期待が⾼まっています。

400Fは⾦融サービス仲介業に関連する⾃主規制団体である⼀般社団法⼈⽇本⾦融サービス仲介業協会(東京都中央区、代表理事:中村仁・⼩野尚・落合孝⽂)を設⽴しており、代表の中村が同協会の代表理事会⻑に就任しております。

協会HP:https://jfim.or.jp/
協会設⽴のプレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000038217.html
 
  • 「お⾦の健康診断」とは

スマホから居住地や年齢、年収、家族構成などの質問に答えるだけで、同地域・同年代の⼈と⽐較し、ユーザーの家計状況を診断。その後、診断結果をもとにFP(ファイナンシャルプランナー)やIFA(⾦融商品仲介業者)等のお⾦に関する専⾨家からアドバイスコメントが届き、ユーザーはチャットで気軽に相談することができます。登録アドバイザーは⾃ら集客することなく、オンライン上で⾒込み客の獲得から、クロージング、顧客管理までが可能です。
 
  • 株式会社400F 会社概要 

2017年11⽉に設⽴、翌年2018年11⽉、お⾦のオンラインチャット相談プラットフォーム『お⾦の健康診断』正式リリ ース。2019年11⽉、お⾦の悩み・疑問を解決するWebメディア『オカネコ』正式リリース。2020年7⽉、MBOにより 株式会社お⾦のデザインから独⽴し事業運営を開始。社名の「400F」には、ゴッホの⽣前に唯⼀売れた作品で当時400 フラン(約11万円)ほどの値段だった⾔われる絵画『⾚い葡萄畑』が、のちに名画としてその価値を⼤きく伸ばしたように 、無限⼤の可能性を持ち続ける企業を⽬指していきたいという想いを込めています。 

・所在地:〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町8番1号兜町第4平和ビル FinGATE TERRACE 602
・代表者:代表取締役社⻑ 中村 仁 
・設⽴⽇:2017年11⽉1⽇
・事業内容:お⾦のオンラインチャット相談プラットフォーム『お⾦の健康診断』の企画/開発/運営、お⾦の悩み・疑問 を解決するWebメディア『オカネコ』の企画/開発/運営 
・金融サービス仲介業者 関東財務局長(金サ)第1号
・加入協会:一般社団法人 日本金融サービス仲介業協会
・URL:https://400f.jp







 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 400F >
  3. 【400F】金融サービス仲介業の登録完了並びに"オンライン・アドバイザー"事業開始のお知らせ