【バレー/最終結果】フルセット相次ぐ熱戦を制し、埼玉上尾メディックスが東部の夏の女王にーV・サマーリーグ東部大会

2019年7月5日(金)~7月7日(日)に、秩父宮記念体育館(神奈川県藤沢市)にて開催した「2019V・サマーリーグ女子大会」の東部大会は本日をもって終了し、埼玉上尾メディックスが3年ぶり2回目の優勝に輝き、地元NECレッドロケッツが準優勝となった。観客のアプリ投票をもとに選出される"フレッシュスター賞"は、白岩 蘭奈選手(KUROBEアクアフェアリーズ)と、髙橋 愛未選手(ルートインホテルズブリリアントアリーズ)に決定。Vリーグ公式Twitter(https://twitter.com/vleague_or_jp)では選手のコメント動画を掲載しておりますので、こちらもぜひご覧ください!
  • 7/7(日)の結果と最終順位
◆1位グループ順位決定戦(1位~4位)

埼玉上尾メディックス 2 対 0 ルートインホテルズブリリアントアリーズ
NECレッドロケッツ 2 対 0 KUROBEアクアフェアリーズ

◆2位グループ順位決定戦(5位~8位)
柏エンゼルクロス 2 対 0 大学選抜
日立リヴァーレ 2 対 1 プレステージ・インターナショナルアランマーレ

◆3位グループ順位決定戦(9位~12位)
PFUブルーキャッツ 2 対 1 GSS東京サンビームズ

群馬銀行グリーンウイングス 2 対 1 ブレス浜松


◆詳細はこちらから
 2019V・サマーリーグ特設サイト(東部大会)
 https://www.vleague.jp/summer2019/east/ 



◆最終順位
優勝  埼玉上尾メディックス
準優勝 NECレッドロケッツ
3位  KUROBEアクアフェアリーズ
4位  ルートインホテルズブリリアントアリーズ
5位  日立リヴァーレ
6位  柏エンゼルクロス
7位  大学選抜
8位  プレステージ・インターナショナルアランマーレ
9位  群馬銀行グリーンウイングス
10位  PFUブルーキャッツ
11位  GSS東京サンビームズ

12位  ブレス浜松

埼玉上尾メディックスが3年ぶり2回目の優勝となった。埼玉上尾メディックスが3年ぶり2回目の優勝となった。

地元NECレッドロケッツは埼玉上尾メディックスに一歩及ばず準優勝となった。地元NECレッドロケッツは埼玉上尾メディックスに一歩及ばず準優勝となった。

 

 

  • 表彰選手
◆最優秀選手賞:若松 歩実 選手
       (埼玉上尾メディックス)

フレッシュスター賞を獲得した白岩蘭奈選手(KUROBEアクアフェアリーズ)フレッシュスター賞を獲得した白岩蘭奈選手(KUROBEアクアフェアリーズ)

フレッシュスター賞を獲得した髙橋愛未選手(ルートインホテルズブリリアントアリーズ)フレッシュスター賞を獲得した髙橋愛未選手(ルートインホテルズブリリアントアリーズ)

◆敢闘賞:吉田 あゆみ 選手
     (NECレッドロケッツ)

◆フレッシュスター賞
白岩 蘭奈 選手
(KUROBEアクアフェアリーズ)
髙橋 愛未 選手
(ルートインホテルズブリリアントアリーズ)

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 >
  3. 【バレー/最終結果】フルセット相次ぐ熱戦を制し、埼玉上尾メディックスが東部の夏の女王にーV・サマーリーグ東部大会