Number初の将棋特集、異例の発売即増刷。SNSでも大反響!に、編集長が反省の弁。

 

Number1010_表紙Number1010_表紙

 株式会社文藝春秋(社長:中部嘉人)発行のビジュアル・スポーツ総合誌「Sports Graphic Number」は、創刊40年で初めて将棋を特集した1010号「藤井聡太と将棋の天才。」の3万部増刷を、発売日の9月3日に決定しました(累計発行部数15万部)。
 Number初の将棋特集は、発売前から大きな話題を呼び、予約注文が殺到。Amazonでは発売日の前日に雑誌部門1位に急上昇し、発売前に一時完売となりました。
 ツイッターなどSNSでは、「Numberで将棋が特集される時代が来るとは」、「とにかく写真がいい」、「外見も中身もしっかりNumbe r」、書店さんからも「朝からお買い求めになるお客様がたくさん。追加していますが、すぐに完売しそうな勢い…!」などと、非常に大きな反響をいただいています。

■「Number」編集長・宇賀康之のコメント
「予想以上の大反響に接し、将棋ファン、藤井ファンの愛と情熱を甘く見ていたと深く反省。雑誌としては異例の発売即増刷を決めました。『将棋はスポーツ』であり『棋士はアスリート』という小誌の思いを受け入れていただいたのでは、とホッとしています。今後も、将棋という競技と棋士の魅力を、ナンバー独自の視点で伝えていきたいと思っています」

■目次URL
https://number.bunshun.jp/articles/-/844836
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文藝春秋 >
  3. Number初の将棋特集、異例の発売即増刷。SNSでも大反響!に、編集長が反省の弁。