JAXAベンチャー 天地人、世界の宇宙産業界のリーダーが集う世界最大級の宇宙関連イベント「第37回 Space Symposium」に出展。米国におけるビジネス展開推進へ

JAXA認定の宇宙ベンチャー 株式会社天地人(東京都港区 代表取締役 櫻庭康人)は、米国コロラドで2022年4月4日〜4月7日に開催される、最大規模の宇宙関連シンポジウム「第37回 Space Symposium」のJapan’s Space Industryエリアに出展し、米国でのビジネス展開を目指します。

Source: Space Foundation

天地人は、米国最大規模の宇宙関連のシンポジウム「第37回 Space Symposium」のJapan’s Space Industryエリアに出展します。リモート商談のほか、現地企業とのマッチング支援等を受け、更なる米国展開を目指します。

「第37回 Space Symposium」は、米国Space Foundationが年に1回主催する米国最大の宇宙関連シンポジウムです。軍事・商用・民生・科学の各分野を網羅し、米軍及び政府高官、米国宇宙関連企業トップが参加します。産業界にとって重要なビジネスネットワーキングの場として200社以上が出展する展示会も併せて開催され、米国企業等は活発に商談を行っています。

米国では、SpaceX社やAmazon社の参入により、衛星通信の市場規模は世界最大となっています。衛星通信で利用される高周波数帯は、雨や雲に遮られることでデータ転送速度が低くなる課題が知られており、衛星と地上局間の気象条件を考慮して、最適な組み合わせで接続することが求められています。天地人の提供する、深層学習を用いた通信衛星向けの気象条件予測AIシステムは、これらの課題を解決し、より効率のよい通信衛星/地上局運営を可能とします。

「第37回 Space Symposium」における出展によって、協業先となりうる企業や政府機関とのネットワーキングを行い、天地人の提供する、深層学習を用いた通信衛星向けの気象条件予測AIシステムにより、米国エリアのイノベーションの推進に貢献したいと考えています。


「第37回 Space Symposium」とは
米国コロラドで開催されている、世界中の宇宙産業のリーダーが集う世界最大級の宇宙シンポジウムです。第35回の同シンポジウムでは、世界から1万人以上が来場、ペンス米国副大統領も参加し、基調演説を行うなど、アメリカのみならず世界的なイベントです。https://www.spacesymposium.org/


■特許技術の土地評価エンジン『天地人コンパス』
宇宙では絶えず膨大な地球のデータを集めていますが、そのビッグデータの中をナビゲートしたいという思いを込めて、『天地人コンパス』と名付けました。今後、ビジネスにおいて最適な土地は、宇宙から見つけることを提案していきます。
天地人コンパス紹介動画:https://youtu.be/uA44Hnl042c


■宇宙ビッグデータを活用した情報プラットフォーム『天地人コンパスAPI』
天地人コンパスAPIは、天地人コンパスに蓄積された膨大な量のデータを、解析・分析した情報にAPIからアクセスできるサービスです。降水量などの気象情報や、3Dマップに代表される地形情報、赤外線によって観測される地表面温度などを世界中のあらゆる場所で取得可能です。それらを複合的に分析し、価値ある情報を導きます。
天地人コンパスAPI URL:https://tenchijin.co.jp/compass-api


■株式会社 天地人 会社概要
会社名:株式会社 天地人
所在地:東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー9F
代表者:代表取締役 櫻庭康人
事業内容:衛星データを使った土地評価コンサル
サイトURL:https://tenchijin.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社天地人 >
  3. JAXAベンチャー 天地人、世界の宇宙産業界のリーダーが集う世界最大級の宇宙関連イベント「第37回 Space Symposium」に出展。米国におけるビジネス展開推進へ