web3開発インフラ「Bunzz」とNFTプラットフォーム「LEAD EDGE」が業務提携。NFT関連サービスの開発を容易にするスマートコントラクトモジュールを公開へ。事業者のweb3参入をサポート

web3スタートアップLasTrust株式会社(以下LasTrust(https://bunzz.dev) 、代表取締役:圷 健太/本社:東京都文京区)は、NFTプラットフォーム「LEAD EDGE」の運用を行う株式会社リードエッジコンサルティング(以下LEAD EDGE(https://corp.leadedge-c.com )、代表取締役:庄司 貴之/本社:東京都新宿区)と、NFT関連サービスの開発に活用できるスマートコントラクトモジュールを共同開発することで合意し、第一弾として「NFT Minting Site」をBunzzにて近日提供開始いたします。
  • Bunzzとは?
Bunzzは、DApp(ブロックチェーンを利用した分散型アプリケーション)の開発プラットフォームです。DAppを構成する下記3種類の技術レイヤーのうち、Bunzzはweb3特有の概念及びプログラムである「スマートコントラクト」を容易に開発できます。( https://bunzz.dev )

 
  • 業務提携の経緯について
BunzzとLEAD EDGEは、web3領域におけるスマートコントラクトの開発者を、それぞれ異なるアプローチでサポートして参りました。今回の提携は、Bunzzがレポジトリサービスとデプロイの機能群を、LEAD EDGEが数多くのNFT関連サービスを開発し蓄積したナレッジを提供し、実ビジネスでの利活用に耐えうるスペックのスマートコントラクトモジュールを皆様に提供することを主眼に置いています。

web3領域に参入したい開発者・事業者に無償で近日提供しますので、ぜひご活用ください。
最新のリリース情報はtwitterにて配信しますのでフォローをお願いいたします。
https://twitter.com/BunzzDev
https://twitter.com/LEADEDGE_NFT

 
  • Bunzz、LEAD EDGEで共同開発するスマートコントラクトモジュール
①Mintingサイト用モジュール [2022年7月提供開始予定]

■利用例
  1. ミンティングサイト開発
  2. 会員権NFTのサイト
  3. 記念NFTの発行

■対応ニーズ
  1. NFT販売を行いたい
  2. NFTを活用して独自性のある企画を行いたい(NFTの利活用・社会実装)


②NFT配布モジュール[2022年7月提供開始予定]

■利用例
  1. NFT Giveaway
  2. NFTを活用したプロモーション企画

■対応ニーズ
  1. NFTプロジェクトの成功に向けてマーケティングを行いたい
  2. web3に馴染みのないマス層に向けてNFTを社会実装したい


③ジェネラティブ・コレクティブNFTモジュール[2022年8月中旬〜提供開始予定]

■利用例
  1. 事業者が持つ著作物のNFT化
  2. web3ネイティブなIPの創発

■対応ニーズ
  1. NFTを活用したマネタイズを行いたい
  2. IPビジネスのDX推進・グローバル展開を行いたい


④NFTマーケットプレイスモジュール[2022年9月中旬〜提供開始予定]

■利用例
  1. NFTとその流通プラットフォーマーとしての新規事業の構築
  2. コントローラブルな経済圏の構築

■対応ニーズ
  1. 大型の新規事業・本格的なPoCを行いたい
  2. 事業リスクを最小化しつつ、web3領域へ最大限にリソースを投下したい
 

 

Bunzz、LEAD EDGEで共同開発するミンティングサイトBunzz、LEAD EDGEで共同開発するミンティングサイト

 
  • 各社コメント
LEAD EGDE 開発統括/Lead Engineer 伊藤 匡平
「Bunzzは⼀開発者として感動を覚えたプロダクトだからこそ、今回の提携をご提案させて頂きました。LasTrust社は最も尊敬するWeb3スタートアップであり、光栄の⾄りです。
弊社は数多くの法⼈とWeb3プロジェクトの伴⾛を⾏なって参りましたが、Bunzzとの提携によって「開発体制の効率化」「開発期間の短縮」及びそれらによるコストダウンを実現いたしました。今後とも、我が国におけるWeb3の広範な普及の⼀翼を担うことができれば、望外の喜びです」

LasTrust CEO 圷 健太
「Bunzzはweb3領域におけるスマートコントラクトのエコシステム、⼀⾔で⾔えば「Web3版Docker Hub」を⽬指しています。その実現にはDApp開発者がプロダクトレベルで利⽤できるスマートコントラクトのモジュールが必須です。今回のパートナーシップにおける共同開発では、NFT関連事業で求められる仕様をカバーしたモジュールを複数提供予定です。LEAD EDGE社のNFTマーケットプレイス開発における国内屈指のナレッジ、そしてBunzzのユーザビリティのシナジーにより、web3領域への参⼊を検討されている事業者・エンジニアへバリューを提供できると確信しております。ぜひご活用ください」

LasTrust CTO ⾼橋 翔太
「国内最⼤級のNFTマーケットプレイスを⼿掛けるLEAD EDGEさんとパートナーシップを締結することができ、⼤変光栄に思います。 LEAD EDGEさんにご提供いただくモジュールにより、Bunzzのビジョンであるスマートコントラクトのエコシステムが、⼤きく実現に近づくことでしょう。 ビジョンの実現に向け、今後ますます加速していきます。ぜひご注⽬ください」

 
  • LasTrust株式会社(Bunzz提供企業)について
2019年8月創業のブロックチェーンスタートアップ。1stプロダクトとしてブロックチェーン証明書発行SaaS「CloudCerts」をローンチ。2021年12月に同事業を上場企業に売却・イグジット。2ndプロダクトとしてDApp開発プラットフォーム「Bunzz」を2022年2月にローンチ。web3領域におけるDApp開発プラットフォームとしてグローバルでのスケールを目指す。

■受賞歴・実績
  1. 日経BP「スタートアップス」にて「VC・CVCが選んだ92社」にノミネート
  2. 『Unicorn Pitches Japan』 ブロンズ受賞
  3. 『世界発信コンペティション2021』受賞
  4. 総務省後援『ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020』審査委員会賞
  5. 経産省主催『ブロックチェーンハッカソン2019』受賞
社名 LasTrust(ラストラスト)株式会社
設立        2019年8月9日
メンバー 10名
代表取締役    圷(あくつ) 健太
資本金 21,064,000円(VC3社の出資金含む)
事業内容 web3関連事業
HP https://lastrust.io/
 
  • 株式会社リードエッジコンサルティングについて
リードエッジコンサルティングは世の中の「あらゆるモノ」が保有する価値をデジタルの力を通じて世の中に届けていくことを目的として、NFT事業を中心とした複数事業を展開しております。Polygonチェーンの独自コントラクトでNFTを発行できるマーケットプレイス「LEAD EDGE」をはじめとしてNFTメディアや支援事業などを行っております。

■実績
  • 英Finacial Times・独Statista「High-Growth Companies Asia-Pacific 2022(アジア太平洋地域における急成長企業ランキング)」に選出
  • 日経・東洋経済等メディア掲載実績多数
  • 多数の法人・エンタープライズ向けのweb3プロジェクトに伴走
  • NFTマーケットプレイスを中心に複数のdAppsを運営
  • web3/フィットネス/D2C/IP等多分野で事業を展開

 

社名 株式会社リードエッジコンサルティング
代表取締役   庄司 貴之
メンバー 20名(業務委託・インターン含む)
事業内容 ・NFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」(https://leadedge-c.com/
・NFT開発支援事業「LEAD EDGE for Business」(https://business.leadedge-c.com/
・NFTメディア「NFT NOW」(https://nft-now.jp/
・フィットネス領域向けDX支援事業
・デジタルIP開発事業
・D2C事業
HP https://corp.leadedge-c.com/

 

 

 





   




















 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LasTrust株式会社 >
  3. web3開発インフラ「Bunzz」とNFTプラットフォーム「LEAD EDGE」が業務提携。NFT関連サービスの開発を容易にするスマートコントラクトモジュールを公開へ。事業者のweb3参入をサポート