群馬県上野村と就職先も見学できる移住フェアとツアーを開催します

移住前に現地に足を運ぶことで、シングルマザー親子が安心して生活できるような移住プログラムを開催します

一般社団法人日本シングルマザー支援協会(本社:神奈川県横浜市、代表理事:江成 道子、以下「日本シングルマザー支援協会」)は群馬県上野村(群馬県上野村役場:群馬県多野郡上野村長:黒澤八郎)の委託を受け、シングルマザーの就職先見学ツアーを含めた移住事業を実施します。

日本シングルマザー支援協会はシングルマザーの自立を支援しております。
その一環として、シングルマザーのための移住支援にも力を入れております。
 

 


今回は、実際に就職先を見学できる移住ツアーを含めた移住プロジェクトを群馬県上野村と取り組むことになりましたので、発表します。
 

 

シングルマザーが移住を成功させるには、仕事の安定が欠かせません。
まず、オンラインで移住フェアを行い、お仕事の説明をしっかりとさていただきます。
小グループに分かれて、個別に細かい不安などを払拭できるようなお時間を設けます。

不安が少し軽くなったら、次は現地に足を運びます。
同じシングルマザー同士でツアーに行く形を取りますので、色々な視点で移住先を捉えることができるツアーになっています。

また、上野村はIターン定住者も多くいるので、安心できるエリアです。
その安心感を現地に行くことで経験し、移住への背中を押すことのできるツアーにして参ります。


毎回多くのシングルマザーが参加しご好評をいただいている、協会での移住ツアー。
今年度におきましては、最後の移住プログラムになります。
多くのシングルマザーの移住の夢を現実に近づけるツアーにして参ります。

【オンライン移住フェア】
日程:2月23日(水・祝)10時〜12時
▼お申し込みはこちら
https://mailform.mface.jp/frms/rinamana/lykrqxi0hmni

【移住ツアー】
日程:3月12日(土)~13日(日)
▼お申し込みはこちら
https://mailform.mface.jp/frms/rinamana/3920y2wscnnh

詳細は移住フェアにてお伝えします。



■日本シングルマザー支援協会について
概要:女性が子どもを育てながら働きやすい社会を目指し、2013年に設立。
就職・転職がうまくいく「年収アップ」の支援、仲間が増える「コミュニティ」、人間関係が円滑になる「コミュニケーション力」を提供しています。それを体系化し「M E S(ミーズ)」というシステムの基、女性の経済的、精神的自立を支援しています。
代表理事:江成道子
会員数:8,000 名(2021年5月時点)
事業内容:シングルマザー自立支援、女性起業支援、企業コンサルティング、各種研修事業
行政受託事業、地方移住支援
URL:https://xn--qckmb1noc2bzdv147ah7h.com/
 

 

■上野村について
概要:群馬県の西南端。上野村は豊かな自然に包まれた小さな山村です。総面積の95%は森林、人口はわずか1,150人ほど。
そんな上野村総力をあげて取り組んできたのがI・Uターン施策です。やりがいのある仕事、自分に合った暮らし方を見つけ、定住した人は230人にのぼります。
移住者たちの力を借りて上野村は変わり、その歩みに大きな希望が生まれました。目指しているのは、「ここで生きてきた人」と「ここで生きることを決めた人」が共に支え合い、明るい未来を築いていくこと。手を携え、人が人を想う上野村の暮らしを一緒に楽しみながら、次の世代へ希望をつないでいきたいと考えています。これからも人の力を活かし、新しい村のかたちを創造していきます。
代表:上野村長 黒澤八郎
URL:http://www.uenomura.jp/

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本シングルマザー支援協会 >
  3. 群馬県上野村と就職先も見学できる移住フェアとツアーを開催します